カテゴリ:スピリチュアル > 霊能者診断


守護霊さんにどうしたらよいか質問しました。


質問
---------------
人生の岐路において自分で判断しなければ、生まれてきた意味がないとも思っているので、このことを相談するのは、情けなさを感じていますが、守護霊さんからアドバンスがあるのなら、受け取りたいのです。

答え
---------------
どの道を選んでも、必ずリスクは伴うものだが、リスクを恐れてはいけない。

今、あなたが一度立ち止まって考えているのは、今が転換期だから。

強い薬は、あなたに合う薬であればいいが、強い分、副作用が出やすく感じている。そこが心配だ。

質問された三つの道のうち、慶応大は良いかと思うが、最終的に決めるのは、あなた自身なので、自分が決めた道を行くといい。

今まで、自分自身のやり方で良く頑張ってきた。これからは、もっと医者に頼っていい。あまり、一人で抱え込みすぎないように。

以上

自分の気持ち
---------------
実は僕の病気は試練をくださいと神様にお願いした結果です。
いまでは、後悔しています。

今日の出来事を通じて、一番思ったことは、後悔しないように生きようでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

日付はブログ投稿日。鑑定日とは異なります。
この記事のカテゴリは「能力者診断」を設定していますが、全員が霊能者ではないと思います。(もしくは、みんな能力があるかもしれませんけどね。)


■ 正木リサさん
========================================
2013年02月24日 霊能者に治療の相性について聞いてみた


■ 橘月蓮さん
========================================
・2015年07月14日 霊感高めホステスのナミさんからの回答


■ 櫻井愛子さん
========================================
2015年08月28日 櫻井愛子先生の500円占いの結果が返ってきました
2015年12月17日 櫻井愛子先生に個人鑑定をお願いしてきました


■ 小人さん
========================================
2016年03月15日 小人さんに占ってもらいました。


■ のばらさん
========================================
2016年05月23日 のばらさんにLINE鑑定していただきました。


■  田中要一郎さん
========================================
・ 2016年08月18日 田中要一郎先生に鑑定していただきました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年7月28(木)に、田中要一郎先生に鑑定していただきました。

行っていただいた鑑定は、四柱推命とインド占星術です。

僕は、四柱推命もインド占星術も信じていないタイプのスピリチュアリストなのですが、この占いをきっかけに信じることにしました。

それくらい、当たっていました。

コールドリーティングを防止するために、あまり声を出さなかったのですが、あまりにも当たるもので、この人は本物だと確信するしかない状況になりました。


まず、僕自身が生まれた年と時間と場所で、四柱推命を鑑定いただいたのですが、

どうも、生まれた時間がある星とある星の境目に当たるようで、

結婚はいつ行いましたか?と質問をされました。


それで、どの星の人なのか判断できるらしいのです。


しかし、いつ結婚したのかまったく覚えておらず、答えに窮してしまいました。

どうやら32歳に結婚したのかを確認したかったようなのですが、

本人が全く覚えていないということにw。


で、いつ結婚したのか確認することは諦めることになりました。


次に、2005年になにかありましたか?という質問がありました。

実は、2005年に転職をしたり、伴侶となる女性とであったり、10年続くと友だちとであったりして、

2005年は私にとって大きな転機となった年です。


それで、私の星が確定したようです。

↓は私の星。日本語がおかしいところがありますが、それはメモがおかしいため。とりあえずメモどおりに記載しました。


■ ここから四柱推命
========================================

Untitled (4)




・「流通」や「情報」に関係するお金
・後半生 組織を作るか帰属するか。
・寅と甲で真逆の星。
・家にはいない方がうまくいく。
・カラダに注意。
・2013年から体調を崩す。
・完璧主義
・バサッと断ち切るタイプ
・クリエイティブな面を持つ
・年下に対しては決めては止まらない
・がんこ
・大きく稼いで、大きく出ていく
・52歳で自我が出てくる。組織にいるよりも自分で作る。
・22歳から32歳はしんどい時期。
・32歳から偏印
・偏印は変わった知識を取得する人。
・お子さんとの縁は薄い。
・子供がいてもべったりではない。
・部下に対しても同じ
・奥さんと自分の母はうまく行かない。
・42歳はものすごく良い。修行が抜ける。
・52歳から独立かも。
・駅馬(えきはい)を持っているひとはあちこち移動。
・後半生は特に多い。

■ ここからインド占星術
========================================
・みずがめ座になる
・仲間を大切にする
・横のつながり
・テーマは仲間を一緒に成し遂げる
・横一列でやる
・上下ではない
・風変わりなところがある
・さそり座的な要素を持つ
・研究熱心
・粘る(ねばる)
・オカルト、歴史、ルーツが好きなひと
・裏側をのぞきたがる
・師匠はいない
・師匠から離れるタイプ
・自分で勉強する
・遺産のトラブルに注意。巻き込まれる。
・仕事で一流になれるけど、40歳〜50歳〜で確立する
・音楽、小旅行、コミュニケーションの方面が良い。
・子供の縁が薄い。子供がいても仲良くない。晩年にできる。
・生殖器か直腸が病気になりやすい。前立腺がんなど。
・人間関係がベース
・人が仕事を持ってくる
・海外との結びつきがある(インド占星術にとっては、地元以外は海外という意味も含まれるので、故郷以外という意味)
・家で仕事をする
・知識、知的なこと。
・体調が良くなるのは2019年から
・人に会っていく方がよい。
・警戒心がつよい
・できないと思い込んでいる。本来好きなことはできる。嫌いなことはやらないタイプ。
・コミュニケーションは疲れる
・良く誤解される


だそうです。

で、いつ結婚したのかは、未だに分かっていません。
それよりも2005年から続いている方が僕にとって大事だったりするので。


僕自身、人とのコミュニケーション能力には苦手意識を持っていて、
将来チームを作るとしたら、
どうやってコミュニケーションを取っていくのか質問してみました。


仕事の仲間は、単なる友だちよりも覚悟が必要と思われるのに、
どうやっていくのか気になったのです。
それは縁だと言われました。

でも、それは素直に信じなかったかも。そうかな〜って感じです。

それで、前提条件が間違っているのではないかと思いました。


魂が得意なことこそ、現世では苦手意識を持っているか、やりづらい状況にある。


コミュニケーションが苦手だって思いがあるのは、これまでの人生の体験(失敗)をベースにしていますが、
実は、それはこの人生のハンデなのかもしれないって思ったのです。


諦めずに研鑽すれば、育つ分野なのかもしれません。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

霊能者の方にみてもらったところ、

前世はカウボーイだった時代があるそうです。

でも、あまりその人生を楽しんでいなかったと。

だからか、アメリカの南部に行きたいとは思ってはいません。

でも、このカウボーイ感のある曲はとても好きですね。
(歌詞は知らないので、好きなのはリズムだけです。)



すべてが前世に左右されるわけではありません。

この曲を好む理由は、今回の生によるものかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加

一ヶ月前の2016年4月20日に、のばらさんにLINE鑑定していただきました。

そのときの結果をブログにも残しておきます。

LINE鑑定は簡単でいいですね。

のばらさんは、もうプロとしてやられていますので、気になった方は直接 のばらさんにお問い合わせください。LINE鑑定は1回777(+振込手数料)円だそうです。


■ 質問
仕事について伺いたいです。いままであまり感じてこなかったのですが、転職について興味がでてきました。ただ、僕自身の特長としては、自分がなにかをやるよりも誰かをサポートするほうが会っているようです。ですので、会社よりも誰の元へいけば良いのかということを伺いたいです。人物を特定するのは難しいと思いますので、こんな人の元へということが知れたらと思っています。


■ のばらさんの回答
どのような人物か。。。ということでしたので3枚カードを引かせていただきました。

*ワンドの4
⇒安定、繁栄、調和

*悪魔(逆位置)
⇒自分で立ち上がる

*女帝(逆位置)
⇒怠惰、甘え

まとめますと。。。
一代で会社を立ち上げ繁栄&安定させた人。しかし、その現状に甘え怠惰な生活を送る人。

と、カード達は教えてくれました。


----------------


自分では全く考えてこなかった人物がでてきたので、自分の考えに幅がでてきました。

体調が悪いときには転職は難しいと思うので、すぐにということでもありませんが、

これらの情報を頭に入れておきたいと思っています。


のばらさんありがとうございました。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ