カテゴリ: 確定申告

今年は1月から準備を始めていましたので、今回の確定申告は順調に進んでいます。

確定申告に必要な作業は、次の4つですが、もう②まで完了しました。

①領収書の整理
②領収書の金額を元に医療費をExcelでまとめる 
③Excelでまとめた金額を元にwebで申請書の作成
④発送


前回(2015年度分)は、なにもかもが期限的にギリギリとなり、夜中まで、ヘロヘロになりながら申請しました。


そのことを思えば、今回は気持ちの余裕があります。


しかし、確定申告のたびに反省していますが、もっと改善できることがあると思っています。

次回挑戦したいのは、②の医療費を月別にまとめることです。

いまは病院別にまとめています。

毎月病院にいく回数は1回か2回程度ですから、「①領収書の整理」も「②領収書の金額を元に医療費をExcelでまとめる 」も簡単になります。

毎月できるかどうか。これが鍵ですね。(と、自分に言い聞かせる。)


ただ、こうした方法論は意外と小さなものかもしれません。

東進ハイスクールの林修先生がよく言う言葉が心に残っています。
「正しい場所で、正しい方向で、十分な量なされた努力は裏切らない。」

ここからは私の記憶ですが、林修先生は「たいていの学生は学習時間が圧倒的に足りない」とも言っています。

日本有数の進学校や東京大学へ進学する人は、一日10時間ほど、弁護士になるひとは一日15時間ほど勉強するそうです。


──1日15時間、勉強の毎日の2年半だった……。

驚く方が多いが、司法試験を受ける人たちには当たり前のこと。お世話になったさる高名な裁判官から、もう30年以上前のことだが、自分が懸命に勉強していた頃を思い出し、初心を忘れず裁判官としていい形で終わりたい由の読後感をいただいた。今も昔も15時間程度の受験勉強は決して珍しくない。むしろ、それ以上しなければ受からない。


そういう意味では、こうすると効率的に行える!なんて考えるのではなくて、実際は準備をどれだけ費やしてきたのかで、この時期の過ごし方が変わってくるのかも知れませんね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の確定申告も、ぎりぎりの申請になり、大変疲れました。

もう、こんなことにならないように、請求書は、

病院単位ではなく、月単位で

まとめることに決めました。

そうすれば、毎月、こつこつまとめることができます。


よくよく考えてみると、確定申告で求められていること以上にまとめているので、実は申請には不要なこともしていました。

病院単位でわかりやすく、Excelで表を作ってます。

しかし、申請には不要でも、ミスをしたくないので、自分が納得して分かりやすく申請するために、

作りたかった

のです。

満足度は高いものができています。


もう、サラリーマンでも確定申告する時代になったので、来年こそは、準備をしっかりしたい。

もう、痛い目には合わないぞ!


このエントリーをはてなブックマークに追加

今年で3回目の確定申告。

毎年、締め切りぎりぎりになるまでやらない性格で、困ります。

今年は夜中までかかってしまいました。

今年の失敗は、領収書があちこちに散らばって、探すのに苦労したことです。

時間もかかりました。

一年分の領収書、捨てない代わりに、整理されてないので、医療外の領収書も山のようにあり、仕分けるのも辛かった。

先週からやってるのに終わらず、土日土日の4日かかりました。

夜中の1時半にすべて完了。


つ、か、れ、た。


医療費控除については、領収書ベースではなくて、保険証を発行している期間がほとんどを管理しているので、そこの情報プラス領収書で管理して欲しいです。


はやくIT化してほしい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年の医療費控除の確定申告が終わりました。
08
医療費を締めてみると、588,815円の支払い。保険などで264,492円の受け取り。
実質負担は、324,323円となりました。

2013年よりも増えているのは、入院が1回少なかったから。
通院保険に入っていなかったので、通院が増えると金額もかさみます。

また、確定申告には盛り込めない医療系の本、食事、サプリメントなどを含めると
闘病には結構な金額を使ってしまっています。

病気にならなければ、他のことに使えたこれらのお金。

そう考えるととても残念ですが、
病気との戦いの大きさを表すバロメーターでもありますから、よくがんばったなぁと自分を褒めたいと思います。

今回の確定申告は去年作ったフォーマットがあったので意外に早く処理が終わりました。
ただ、病気が重いほど負担のかかる申請になりますから、制度を作っている国には改善を求めたいです。

負担が大きくなる原因は「個別の領収書」を軸に構築されている制度。
病院のデータベース化を進めてもらって「総額の領収書」を発行できるようにしてほしいです。

そういう方向に世の中は進んでいくと思いますが、それができるまでにまだ10年くらいはかかりそうですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成25年の確定申告は今日までですね。
土曜日と日曜日は、この書類作成に追われました。

書類作成を終わらせて、全体像の把握ができた今では、もっと効率的にできたなと思えるのですが、

なにせ初めてのことだったので、手探り状態で右往左往してしまい、無駄な時間を使ってしまいました。

来年、申告するひとのために効率的な方法を記載しておきますね。

レシートの管理


ここ!ここが一番大事です。
レシート探しに一番時間がかかってしまいました。

しかも、医療費控除の確定申告をするには、
----------------------------------------
支払った金額 - 受け取った金額 = 10万円以上
----------------------------------------
という条件があります。

レシート管理がずさんだと、いくら支払ったのか、が不明で、そもそも申請できるのかどうかもわかりません。

レシートは捨てずにとっておいたのですが、それでもAファイルとBファイルに分かれていたり、体調悪いときにファイルに収めずに、なんでもボックスに突っ込んでしまっていたりと部屋を掃除しながら、レシートを探す羽目になってしまいました。

そのおかげで、どんどん時間と体力を使ってしまいました。

これで土曜日は終了

こうしておけば良かった
----------------------------------------
支払った医療費、病院へいくときの交通費などのレシートをしっかりと管理しつつ、
その金額を合計しておく。

レシートをホッチキスで留めて、明細書を作る


集めたレシートをホッチキスで留めて、明細書を作るのが2番です。

今回は、明細書を最後に作ってしまったので、1,777円のところを、1,177円と入力してしまったミスを発見して訂正したり、パジャマや病院の駐車場代など含めてはいけないものを含めてしまったなど、明細書の訂正が何度か発生して、そのたびに資料の作り直しになってしまいました。

こうしておけば良かった
----------------------------------------
明細書は先に作っておく


e-Taxに申請しておく


資料を作って、印刷して、封筒に入れて、信書で発送する

この一連の作業が手間です。
印刷するためにプリンターを出してきたり、封筒がなかったので、封筒を買いに行ったり、信書で発送するために、これから郵便局にいく必要があったり、

たいへん面倒です。

こうしておけばよかった
----------------------------------------
e-Taxができるように申請しておく


確定申告は1月に終わらせるつもりで


最後に大事なことですが、締め切りギリギリでやろうとすると体調が悪いときに重なったり、他の用事と被ったり、夜中までやるハメになったり、ろくなことがありません。

こうしておけばよかった
----------------------------------------
確定申告を楽しいイベントとして、待ち受けておくくらいの気持ちでいるのが
スムーズに終わらせるために必要ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ