見つけたのは妻なんですけどね。
妻は以前から、僕のことをベーチェット病ではないかと考えていて、直接言われたことがあります。

僕には主症状がそろってないし、違うんですが、その方向に病気が進行するかもしれないと考えるのも、認めるのも怖かった。

だから、ベーチェット病で調べることを避けていました。

僕には、このブログを見つけることはできなかったでしょう。

今日、このブログをLINEで、教えてもらったとき、「これで、俺は治ったわ」と、不可思議な自信が出てきました。

ベーチェットの克服記!
http://behcet-blog.mame-design.jp/?eid=347010

僕よりも症状が重いのに、「腹式呼吸」で、劇的に緩和させてしまうなんて、すごいです。

彼は、原因を酸素不足と仮定しています。


僕は昔から、アレルギー性鼻炎で鼻がつまっていたのて、口呼吸でした。

お腹も弱く、母によると、小学生のころは運動会で、緊張して、弁当を食べられなかったそうです。
で、家に帰ってからホッとして食べる。

過去を振り返れば、点と点が線でつながり、私という存在が見えてきます。

あとは、得られた知識をもとにどうするかです。