カテゴリ: 政治や社会環境について

ひとの行動は、ところてん方式によって作られる(と思う)

人間という生き物は、自分で考えて行動しているようでいて、じつは、周りの人に大きく影響されて生きているようにみえます。

とくに、自分の育ち、どんな風に育てられ方をしたのかによって、変わってくると思うのです。

優しく育てられたら、人に優しくできて
厳しく育てられたら、人に厳しくなる

私たちは自我がありますし、自分で考えて行動していると思いがちなのですが、
でも、気づかないうちに、与えられた感情・行動をそのまま反射しているだけの存在になっています。

インプットされたまま、アウトプットする、ところてんのような存在です。

そのため、

まるで、社会全体が人を育て、人が社会全体を育ているような

関係が成り立ちます。

社会全体⇒人⇒社会全体⇒人...

この関係があるからこそ、私たちは自分たちの行動によって、社会に影響を与え、変えていくことができます。

この社会をもっとより良いものに変えていきたいと思ったら、

その思い描いた社会があなたに与えてくれるものとおなじものを社会に与えていけばいいのです。

私自身が周りの人に優しくすると、周りの人が優しいことをするようになり、社会全体が優しくなります。

人は与えられていないものを、ひとに与えることができない存在だと思うのです。



 

近年、昭和の名優と言われる方々が亡くなられています。

昭和の名優さんが若い頃に、出演されていた映画のリストをみると、ヤクザ映画が多いです。

当時の社会は、反社会な人がかっこいいと思われていました。

たばこを吸う姿がかっこいいと受け入れられていました。

暴走族がかっこいいと、不良学生がかっこいいと思われていました。

いまは、たばこも、暴走族も、不良学生も意味がないと思われています。



 

当時は、なぜ、不良がかっこいいと思われていたのでしょうか?

それは、社会全体で抱える圧迫感に、人々が耐えられなかったからではないかと私は考えています。




昔のお父さんは怖い存在でした。

そのお父さんのお父さんも、怖い存在でした。

社会全体が貧しかったので、強くないと生きていけませんでした。

男性は強くなることを強制されていました。




家庭で、学校で、いろんな人に殴られて育ってきたお父さんは、社会にでても上司や職人先輩から怒鳴られました。

社会から肉体的にも精神的にも暴力を振るわれてきたお父さんは、そのまま家庭でもアウトプットするようになり、子供にも厳しく行動していました。

その暴力に耐えられなかった子供達は、社会に反発するようになります。

暴力に対しての反抗だったのです。




しかし、バブル経済向かって日本全体が豊かになるようになると、お父さんは、社会から受けるストレスが減って、優しく扱われるようになります。

ストレスが減ったお父さんは、子供にもストレスを与えなくなります。

いま、子供が無意味に反社会的に育たないのは、家庭内のストレスが減っているからです。




しかし、また労働環境が悪化して、家庭内のムードが変わっていることを危惧しています。

正社員ではなく、非正規雇用として働らかざるを得ない人が多くなっています。

この雇用関係が働いているひとに与えている影響がとても気になっています。



資本主義で生き残っていくために生まれた非正規雇用の常体化によって、人々に諦めムードが蔓延しているように思います。

現在の子供に巣くう諦めムードは、ここから発生しているのではないかと思います。



自分の行動によって社会が変わっていく。

この法則をしっかり念頭において、よい社会の実現に向かって、行動していこうと思います。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

トランプさんがTPPを離脱するそうです。
その判断を歓迎します。


僕がTPPに反対なのは多国間協定だからです。

ルールは現実に会わせて柔軟に変更できる方がよいと考えています。

みんなが取りやめたいルールがあっても、複雑な利害関係から、変えられない、やめられない状態が発生することを危惧していました。

いま、日本では憲法が改正できないので、憲法の解釈を乗り越えることで、現実に合わせた運用に変えています。

変えられないルールは、ルール無視の状態を招きます。


自国でさえこうなのですから、多国間でも起き得ると想像できます。


だから、多国間協定よりも2国間協定の方が改正しやすいので望ましいと思うのです。

それともう一つ。関税はゼロではないほうが望ましいです。


円ドルの変動相場制のように関税も変動制にすべきだと思います。

貿易はお互いの幸せのために行うべきであり、相手国の産業を壊すような真似はすべきではありません。

日本にとって、米が大切であるように、相手国もまた大切なものがあるのです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

トランプさんが大統領選挙を制して1週間絶ちました。

さまざまな言論が飛び交っていますが、みなさんの意見を集約すれば、「自分が満たされていれば他者に寛容になれる」で結論づける問題だと思っています。


アメリカの貧富の差は、日本よりも大きいです。
富裕層・セレブは貴族のような生活をしていますが、一般国民は平均年収が360万円くらいと少ない。

しかも、日本よりも医療費負担が大きく、かつ、物価が高いのですから、毎日の生活はとても苦しいと思われます。

そんななか、自分たちよりも貧しい人々が移民してきて、税金を使っていくのですから、とても悲しい思いをしているでしょう。



日本でいえば、貧しい中国国民がどんどん日本の中に移民しているようなイメージだと思います。

この状態が日本にも生まれれば、反発する意見も大きくなると思います。


日本に入ってくるアメリカの報道をみると、それがヘイトスピーチやレイシストなどどいった暴力的なことと位置づけられ、トランプさんを応援する人は暴力的な人々とカテゴライズされているようです。


僕はレディー・ガガさんが好きですが、レディー・ガガさんも問題の本質が分かっていないようなので、残念な気持ちになります。


この次の世の中を正しい状態にするには、

真面目に働いている人々がまぁまぁの生活を送れるようにしていくことだと思います。


いまは、グローバル経済によって、競争が激しくなりすぎています。

国内の工場を海外に移転させたり、正社員を派遣社員やアルバイトにしたりしなければ、このグローバル経済の競争を勝ち抜いていけないのです。

この市場環境を保護貿易によって正していくことによって、

ひとびとに心の余裕を取り戻させ、

排他的な人々を減らすことができると思います。


世界中でゲームチェンジが必要です。私はこのゲームチェンジを応援したいと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加


2016年 アメリカの大統領選挙は、余裕でヒラリーさんの勝利のはずが、トランプさんが勝ってしまいました。

もしも、トランプさんが勝ったら?を表す「もしトラ」は、でも、ありえないけどね、というニュアンスを含んでいました。

が、しかし、じわじわと、ヒラリーさんが、押され気味となり、



ついに、逆転されて、

まさかの大逆転。


選挙前日。

ニュースをみて、自分なりに考えて、ヒラリーかも、トランプかも、どちらが勝つかわからないと思ましたが、


こうして、トランプさんが勝利してみると、僕はヒラリーさんが勝つと思っていたことを自覚させらました。



でも、数ヶ月前は、友達に、トランプさんが勝つと思うと発言したことがあります。

それは、スピリチュアル界隈で有名な宇宙人であるバシャールが、2016年秋に起きる出来事によって、地球人のマインドが二つに分かれると発言したことを知っていたためです。

秋と言えば、大統領選挙だから、ここで大きなショックが発生すると思ったのですね。

それでも、選挙直前になると、そうした予言を信じることはできませんでした。

遊びでは「トランプさんが大統領になる」と発言できたのですけどね。


 


トランプさんがどんな政策を出してくるかわかりませんが、鍵となるのは、低所得者を中間層に戻すことができるかどうかです。

グローバル化によって、米国国民は、1%と99%に分かれてしまいました。

 

99%の国民は、ふだんの生活に経済的な余裕がないので、他者への寛容さを失っています。

関税の復活で、工場を国内に戻し、雇用を復活させれば、ひとびとは余裕を取り戻し、他者への寛容さを取り戻すことができると思います。



グローバル化によって、iPhoneをはじめ、さまざまなサービスが格安で手に入りましたが、関税の復活で、そうしたメリットは終わりを迎えます。

巨大な消費地であるアメリカの法律に従う形で、世界の経済環境が変わります。これで、EUも中国も日本も変わらざるを得ません。


今回の投票数を調べてみると合計で1.2億くらいです。

アメリカの人口は3億人なので、投票率は4割と少ない。


平日に行われること、そして、投票まで1時間ほど待たされるそうで、本当に敷居の高い選挙です。


この仕組みでは熱心な方が勝つのだと思います。


米国大統領選挙には以前から関心を持っていて、NHKのニュースの放送をみてきましたが、

トランプ支持者は、グローバル化の競争で負けて荒廃した街並みを見て涙を流して悲しみ、移民に支払われる補助金に対して怒っていました。感情のエネルギーが強かった。

その反面、民主党支持者は、サンダースさんが良かったと言いつつヒラリーさんに投票することを見送る決断をしていました。どちらかというと冷めていました。
 

隠れトランプ支持派という言葉もありますが、実際は民主党支持者は投票に行かなかったのかもしれません。

ここに関しては、そのうちに報道されると思いますので待ちたいと思います。


トランプ大統領の誕生で、金本位制がなくなったような、固定相場制から変動相場制に変わったような、新しい時代が始まろうとしていると感じています。


スピリチュアル界隈で有名な宇宙人であるバシャールの言葉
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤクザ社会では、組員は代紋を借りて、非合法な仕事でもやってお金を作り、それを上納して金額が大きくなると出世する仕組みになっているそうです。(それだけではないと思いますが)

完全な実力主義ですね。

実は、こうした独自社会の欲望の最前線こそが一般社会の未来図ではないかと思うときがあります。

キャバクラの仕組みを一般社会のアイドルの世界に持ち込んだのはAKB48です。
怒られちゃうかも知れないけど、黒いキャバクラに対して、白いAKB48みたいなイメージです。
(実際はどっちが黒いかは分かりませんけど。)


私たちの一般社会では、マナー、倫理や法律によって、欲望を制限するように仕向けられています。

社会の安心を作るためには、必要なことですが、それに従わない人々も存在して独自社会を形成します。
 
そうした人々を警察も検挙しますが、いつの時代も0にすることはできずに、一定数は存在します。

 
そうした合法と非合法の境目や、完全な非合法の社会において構築された独自社会には、人々の欲望が詰まった仕組みが存在していると思うのです。


それは徐々に安全な仕組みになって一般社会にも転化してきます。

一番最初に記載したヤクザ社会での出世術が、一般社会に転じたときはどうなるかといえば、

会社の組織やブランドを使ってお金儲けしたひとが出世するということになると思います。


つまり、いまのサラリーマンは法律の設計上、時間を売って、一定時間だけ労働していますが、
そうではなくて、会社のリソースを活用して、お金に換えることを求められるようになるということです。

週休3日制やら出社してなくてもよいやら、労働条件が緩和されるようになりつつあるように見えて、実は、こうした方向に向かっているのではないかと思うのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ