カテゴリ: オリゴ糖

オリゴ糖が身体によいことが分かってから、ずっとバナナを食べています。

もっと、オリゴ糖を摂取した方がよいのではと思って、甜菜から抽出した砂糖を水に溶かして飲んでいました。

しかし、昨日、オリゴ糖を摂取しようとして、手を伸ばしたときにふと感じた!!!を信じて、摂取を一時的に止めてみました。


健康を気にするひとはいろんなところで「砂糖」が悪者になっていることをご存じだと思います。

オリゴ糖は健康に良い。砂糖の取り過ぎは健康に悪い。
と単純に考えると、

この商品は「オリゴ糖」よりも「砂糖」の影響のほうが強くなるのではないかと思ったのです。


それで、入院前に摂取していたオリゴ糖関連製品の情報を調べると、オリゴ糖の含有量は100g中5gだったり、10gだったりします。

ということは、残りの95gや90gは別のものなのです。

Amazonで情報を調べると、この点に気づいた方が残念がっていました。


ちなみに、バナナのオリゴ糖含有量は100g中0.3gとかなり低いです。うわ〜ん。

23dc89e03fd5f19e8ce13f06da7c2ff5
from 腸内環境を改善する方法。オリゴ糖を多く含む食品の、賢い調理法。



「大豆」は、多くのオリゴ糖を含んでいて、たとえば、味噌汁でもオリゴ糖を摂取できるそうです。

自然のものにオリゴ糖100%のものはないようなので、全体として健康的な食品に気を配っていきたいですね。

いや〜。バナナがこんなに低かったとは。。。



こういう商品もあるようです。

オリゴ糖100%かぁ。3000円は買えないこともないが、なんとなく気乗りしない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

嬉しい結果です。

血液検査の結果CRPは0.69と、一段階下がってくれました!

健常者は0.33未満なので、まだ高いのですが、それでも嬉しい。

いまの取り組みは間違ってないということなので、引き続きやっていこう。

これまでいろいろと取り組んでいましたが、いま行っていることは次の二つです。

■腸内細菌を減らさない
・コンビニ弁当をはじめ、弁当は食べない。
保存料は入ってなくても、日持ち向上剤が入っています。
食品を腐らせない→細菌を繁殖させない→腸内細菌が増えない


■腸内細菌を増やす
・ミルミルを毎日2本飲む
ミルミルにはブレーベ・ヤクルト株が入っていて、潰瘍性大腸炎に効果があります。


ミルミルを増やしてみようかな。

・たまにオリゴ糖を飲んでます。
これはあまり一生懸命ではないですけど、増やしてみようかな。


このエントリーをはてなブックマークに追加

4月に体調を崩してから、ほぼ毎日バナナを食べています。

消化に良いこと、ビフィズス菌の餌となるオリゴ糖を含んでいることが理由です。

三年前に病気になってからというもの、なんどもバナナを常食しようと取り組みましたが、失敗してました。

理由は、バナナはあまり好きではなかったからです。

ところが、この万弥のエクアドルバナナは、いままでのバナナとは違い、味わいがすっきりしていて、美味しいです。


一本130円もする。

昨日、放送された番組『この差ってなんですか?』で、バナナの値段の違いについて紹介されていました。

高いバナナは、一本700円もするそうですね。

安いバナナと高いバナナの差は、生産地の標高にあるそうです。

一般的なバナナは生産に10ヶ月かかるそうですが、

標高500mのバナナは、生産に13ヶ月かかり、標高1000mのバナナは生産に15ヶ月もかかるんだとか。

標高が高い方が成長に時間がかかる反面、甘くなる性質があるため、標高の高い産地で採れたバナナは高く販売されているんだそう。

世の中にはもっと美味しいバナナがあるんですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ