カテゴリ: 2016年3月入院

前回、発疹がでたとき、妻が病院食の鶏肉が原因ではないかと指摘してくれていたんだけど、再現するまで具体名は控えてました。

だけど、今日のお昼も鶏肉で、また、発疹がでてしまったので、鶏肉が原因のようです。

食物アレルギーがひとつ増えてしまった。




かゆいだけですけどね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

僕のダメなところに、必要なところで、がまんして、お金を惜しむという部分があります。

これは親からもらった「制約」です。未だに完全には克服することができずにいます。


両親は子供に大学まで行ってもらいたいと、がまんして、がまんしてお金を節約してくれました。

とてもありがたいことです。親には感謝しています。

だけど、この「節約」メソッドが、僕も受け継いでしまいました。


両親からどんな哲学や習慣を受けついでも、20歳をすぎたら自分の責任と僕は考えています。

だから、親を非難するなんてできません。もともと、親のおかげで大学までいけたのです。


お金を使うという習慣がなかったもので、20歳を過ぎても、僕はずっとファッションにも気にかけず、自分の身だしなみにも気にかけず、

一言で言えば、女性が近寄りがたい見た目になっていました。

自分が食べるものも気にかけなかった。だから、アレルギーにもなり、この病気にもなったのだと思っています。


食事についていえば、病気と闘うという名目があり、お金を惜しみなくつかうことができています。

子供もいない分、エンゲル係数は高いです。


だけど、それ以外の分野については、、、。まだまだお金を惜しむ。


2007年に流行した勝間和代さんの年収10倍アップ方は、目からうろこでした。

年収をあげていくという目的を掲げ、どんなものがそれに役に立つのかわからないので、どんどん投資していくという考え方です。


勝間 和代
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2007-04-05

 


仕事のアウトプットが上がれば、年収は上がります。

いまよりも仕事のアウトプットを上げるために、たとえば、パソコンやキーボード、ソフト、アプリなど、役に立ちそうなアイテムにお金を惜しむことなく注ぎます。

それで、アウトプットが 上がれば、そのまま利用して、アウトプットが上がらなければ利用しないで切り捨てていきます。



こうした本を読んでもなお、僕はお金を使うことを出し惜しみするクセが抜けません。


今回の入院では、そこのリミットを少し外して、必要なら購入することを心がけました。

そのため、今月のデータ通信料は21Gを超えています。

7G以上は1Gあたり1000円かかるので、13000円も通信料がかかりました。

本も買いましたし、音楽も買いました。



僕は病気を治したい、そのためなら何でも挑戦していこうと考えています。

これくらいの金額なら、すぐにペイできるとも思います。


自分の「制約」を認めることから、逆に「制約」に縛られない発想ができると思いました。

 


さとうみつろうさんの本からの抜粋
 





このエントリーをはてなブックマークに追加

瞑想で、自分の魂の感覚とふれあえたらいいなと思って、

僕が瞑想しやすい音楽をiTunesで探してみました。

選んだのは、クリスタリスト麻美さんの「幸運体質meditation(運がよくなる)」。


曲のタイトルは、こっぱずかしいですが、

曲のタイトルでは選ばずに、一曲一曲を聴いて、自分にぴったりの曲を探したところ、これでした。

100%集中して、こころを穏やかにして、ゆったりを聴くことができます。


曲の中身は、鐘の音。

ゴーン、カーン、ゴーン、くぅ〜ン。とただ、ただ鐘の音が響きます。

この鐘の音が静かで落ち着きます。






このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の深夜まで いつ退院できるのか、まったくわからない状態でしたが、

今朝の血液検査の数値が狙い通りになり、

さきほど主治医から退院okの判断がでました。((∩^Д^∩))

点滴の針もなくなりました。


12日間の入院。よく頑張った!

自分で自分を褒める。

そして、病院のみなさん、ありがとうございました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

土日に4.5mg服用したのですが、ワーファリンの効き目が思ったほどではなく、月火は6.5mgでした。

今日の朝は、目覚めが悪く、夜に一瞬頭がぐらっとなったので、明日の朝はプロトロンビン時間INRが変わっていると期待しています。

ワーファリンのコントロールミスで大量下血につながったので、ワーファリンではない抗凝固薬を選択してはどうかと新しい主治医からアドバイスをもらいました。

ただ、脳静脈洞血栓症の病院は別なので、そこの主治医と相談することになります。

脳静脈洞血栓症に関してはいつまで薬を服用しなければならないかわかりません。

腸の炎症が収まってからでないと自分でも判断はつきません。

まだ、かかるのかなぁ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ