カテゴリ: 治療に役立ちそうなこと(肉体的)

炎症性腸疾患になって、当初、原因として考えていたのは「リーキーガット症候群」でした。

リーキーガット症候群とは、大腸の内壁の防御反応が破綻して、体内に取り込むべきではない物質が取り込まれる症状のことを指します。

なぜ、リーキーガット症候群が発症するのか、そのメカニズムについていままで知らなかったのですが、慶應義塾大学が糖尿病の発症メカニズムを明らかにしたプレスリリースに掲載されていたので、転載します。


糖尿病の患者数は2000万人と、炎症性腸疾患である潰瘍性大腸炎の20万人を比べると100倍も存在することを考えると、私たちが考える以上に、リーキーガット症候群になりやすいと言えます。


今回のプレスリリースで明らかにされたメカニズムは、こうです。

========================================
①4週間、脂肪分を60%含む、高脂肪食をマウスに食べさせた
②腸管上皮で、 タンパク質の一種であるCcl2(Chemokine C-C motif ligand 2)の産生が増加した
③Ccl2は、白血球のマクロファージを集めることができる
④腸管上皮にマクロファージが集まる
⑤マクロファージが腸管上皮のバリア機能を破綻させる(リーキーガット症候群)

⑥バリア機能の破綻によって、「腸内細菌由来の毒素である LPS」や血液中の「炎症性物質」、「炎症性サイトカイン」が上昇する。
⑦これらの物質が血中を循環し、インスリンの効きやすさを決める脂肪組織や肝臓に達し、インスリンを効きにくくする(糖尿病)
========================================

 
プレスリリースで明らかにされなかったこともあります。

・高脂肪食を食べると、マクロファージが 腸壁を攻撃しているが、食べ物を攻撃するのではなくて、腸壁を攻撃している理由はなぜか?
・ 食べ物を攻撃しているときに、誤って、腸壁も攻撃しているかもしれないが、そもそも食べ物を攻撃するのはなぜか?

これらのことは今後の調査を待つしかありません。


高脂肪食にはこうした影響があることを知って、高脂肪食ばかりの食事にならないように気をつけたいと思います。 

それにしても、ポテトチップスとか、、、、。スナック菓子とか。。。食べにくくなるなぁ Σ[´Д`;]
このエントリーをはてなブックマークに追加

以前から、水溶性食物繊維の豊富な大麦に着目していました。

クックパッドに炊き方が載っていたので、自宅でも炊いてもらいました。

炊飯器で美味しい押し麦だけの炊き方 by wbd

結果、そのままでは、臭いが気になる。

くさいというほど臭くはないのですが、もわんとした香りが食欲を減退させます。

そこで、卵かけご飯にしてみたところ、おいしく食べることができました。

f7476005.g
 
このエントリーをはてなブックマークに追加


12月に朝イチでその効用が放送されたようで、我が家で飲んでいる甘酒が売り切れるようになりました。

うれしい悲鳴です。


会社で数年前に甘酒の話をしたことがあって、そのうち一人の女性は、僕が変なことをしゃべりだしたと不安に思ったそうです。

こうしてブームがくると、してやったりという気持ちになって、ここちよい。

女性は肌がキレイになるそうですよ!!




このエントリーをはてなブックマークに追加

病気の達人ともなると、

血液検査をしなくても、

自分の体調からCRPの値が分かるようになりました。

で、バナナを食べなくなってから、

CRPの数値は2程度に上がり苦しかったのですが、

バナナを再開してから

体調は良くなってきたと思います。

今日の体調ならCRPは1程度です。


バナナには腸内細菌のエサとなるオリゴ糖が含まれているので、

体内の腸内細菌を育てるのに効果があります。


このまま安定してほしいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

※本当はもっと早く記事を出したかったのですが、文面を悩んでしまって遅れてしまいました。
当初の構想を諦めてさらっと出してしまいます。


2016年7月17日に行われた『慶應義塾大学病院IBDセンター市民公開講座』に参加してきました。

朝日新聞の1面広告を出したら、1000名近くの方から応募があったとのこと。

この市民公開講座への注目の高さを感じました。


 
この市民公開講座に参加をしてきて、3つのことを学ぶことができました。
1)青黛(せいたい)という、いわゆる食品が潰瘍性大腸炎に効果があること
2)慶應義塾大学病院消化器内科教授の金井先生の志の高さ
3)広島スカイクリニックの天野院長の姿勢



僕は、この市民公開講座に参加する前まで青黛(せいたい)を漢方薬と勘違いしていました。
実際は行政レベルでは医薬品として管理されておらず、食品として扱われているため、誰でも購入できるそうです。


誰でも購入できるもので、かつ、潰瘍性大腸炎に効果を発揮するものがあるとすると、試さないわけにもいかないし、ぜひ試してみたいと思いました。


僕のように考えるひとも多くいるようで、医師に内緒で青黛(せいたい)を試すひともいて、2年くらいだって、実は私は青黛を使っていました、と話をする患者さんもいるそうです。



慶應義塾大学病院消化器内科教授の金井先生は、この現状を変えたいと考えて、この市民公開講座を開催したとのこと。

主催している慶應義塾大学病院IBDセンターは直接的には得をしないにもこうした勉強会を開いてくださって感謝しています。


僕は、この市民講座を行う目的は、慶應義塾大学病院IBDセンターがなんらかの得を得るために行われると思い込んでいました。

青黛(せいたい)の効き目の高さを謳い、その治療が慶應義塾大学病院IBDセンターで受けられることをアピールすると思っていたのです。

しかし、実際は違いました。


青黛(せいたい)には次の現実問題があります。
----------------
・青黛(せいたい)は潰瘍性大腸炎に効果があること
・青黛(せいたい)は食品であってだれでも購入できること
・だから、医師に内緒で青黛(せいたい)を使う患者がいること
・2年くらい経って、医師に告白すること
----------------

医師からすると、こっそり青黛(せいたい)を使われると困ることもあるので、
こうした現実を変えたいと考えて、市民講座を開いたそうです。


ただ、世の中の医師には、こうした行動を患者自身が勝手に取り組むことを嫌っているひともいて、
主治医から嫌われることもあり、難しい問題ではあります。


でも、誰かが一歩を踏み出さなければ現実は変わりません。


中心人物は、慶應義塾大学病院消化器内科教授の金井先生で、
この金井先生が、広島スカイクリニックの天野院長を口説き落としたそうです。


この志の高さにいろんな人が巻き込まれたのだと思います。


目の前にこうした志の高い先生が存在することを知って、誇らしく感じました。


青黛(せいたい)にも副作用があります。みなさんが取り組むときには、よく情報を集められたよいと思います。


市民講座で学んだこと
・漢方薬のトレーサービリティ(悪質な漢方薬を販売するひとは存在する)
・生薬は8割は中国産。残留農薬などに注意。同じ生薬でも成分の含有量が違えば効き目が薄くなる。(入手先はこだわった方がよい)
・福建省の生薬は品質最良。
・インジコ 2%、インジルビン 0.13%が青黛のなかの効果成分。
・青黛(せいたい)の色は青ではなく、黒。
・青黛(せいたい)の量も大事。2gをメドにしている。副作用がゼロではないので、少ない量の方が良い。
・青黛(せいたい)は食品として消費者庁の管轄下。
・【副作用】妊娠している方は使わない方がよい。安全性が確認できていない。
・【副作用】肝機能障害。5-ASA製剤との併用で起きる。
・【副作用】ちょうじゅうせき。子供に多い。


感じたこと
・次に行うときには動画を撮影してYouTubeで流して欲しいです。いまは動画の時代です!
・青黛(せいたい)を使った治療を慶應義塾大学病院でできたらと思いました。
・青黛(せいたい)を医薬品にしたいようなことをおっしゃっていましたが、個人的には医薬品にするメリットを現実を知らないだけにピンときませんでした。食品でOKならそれでいいのでは?

以上です。間違った内容もあると思うので、この情報だけで動かないでくださいね!








 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ