カテゴリ: 本の原稿(途中)

読者のみなさん、こんにちは。紫陽(むらさき・よう)です。

紫陽は、紫陽花(あじさい)の花から取りました。
紫陽花が好きなんですw

僕は、このブログを立ち上げたときに決心しました。
病気が治ったら、自分の体験を本にして、(残念ながら)これから同じ病気になる未来の患者へ情報を届けることを。

本といっても、誰でも出版が可能なキンドルによる電子出版を考えています。
キンドルは、iphoneでもAndroidでも閲覧することができますので、誰でもすぐに読むことができます。
(キンドルの専用端末は必要ありません。)

値段は信頼性のありそうな680円にしようかなぁと迷っていましたが、twitterで同じ炎症性腸疾患に悩んでいる方に若い人もいることを知り、手にしやすい100円程度(1ドル)にする予定です。

永遠の0 (講談社文庫)
百田 尚樹
講談社
2009-07-15



永遠のゼロを書いた百田 尚樹さんによると、書きやすい部分の原稿を書きためていって、あとでつなげると本が書きやすくなると言ってましたので、それに習って書いていきます。

そのため、ブログではエピソードがとびとびになってしまうかもしれません。

----

あるとき、「病気をゲーム」として考えることができました。
これが僕の転換点でした。

それまでは、痛み、苦しみ、悲しみ、将来の不安などの感情が僕のなかに渦巻いていました。
いわば、感情に支配された状態だったのです。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

読者のみなさん、こんにちは。紫陽(むらさき・よう)です。

紫陽は、紫陽花(あじさい)の花から取りました。
紫陽花が好きなんですw

僕は、このブログを立ち上げたときに決心しました。
病気が治ったら、自分の体験を本にして、(残念ながら)これから同じ病気になる未来の患者へ情報を届けることを。

本といっても、誰でも出版が可能なキンドルによる電子出版を考えています。
キンドルは、iphoneでもAndroidでも閲覧することができますので、誰でもすぐに読むことができます。
(キンドルの専用端末は必要ありません。)

値段は信頼性のありそうな680円にしようかなぁと迷っていましたが、twitterで同じ炎症性腸疾患に悩んでいる方に若い人もいることを知り、手にしやすい100円程度(1ドル)にする予定です。

永遠の0 (講談社文庫)
百田 尚樹
講談社
2009-07-15



永遠のゼロを書いた百田 尚樹さんによると、書きやすい部分の原稿を書きためていって、あとでつなげると本が書きやすくなると言ってましたので、それに習って書いていきます。

そのため、ブログではエピソードがとびとびになってしまうかもしれません。

----

僕はずっと、免疫は強ければ強いほどいいと思っていました。
しかし、WBC(白血球数)の数値を見ているうちに、それは間違いであることに気づきました。

『免疫をあげれば病気が治る』という仮説があります。
一部に同意できる点はありますが、それは免疫の力が適正値の下限に近い場合の話です。

免疫の力が、適正値の上限まで上がっている患者にとって、それ以上に免疫の力を伸ばそうとするのは、それは免疫のリミッターをはずすのと同じ事を意味する危険な行為だと思います。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

読者のみなさん、こんにちは。紫陽(むらさき・よう)です。

紫陽は、紫陽花(あじさい)の花から取りました。
紫陽花が好きなんですw

僕は、このブログを立ち上げたときに決心しました。
病気が治ったら、自分の体験を本にして、(残念ながら)これから同じ病気になる未来の患者へ情報を届けることを。

本といっても、誰でも出版が可能なキンドルによる電子出版を考えています。
キンドルは、iphoneでもAndroidでも閲覧することができますので、誰でもすぐに読むことができます。
(キンドルの専用端末は必要ありません。)

値段は信頼性のありそうな680円にしようかなぁと迷っていましたが、twitterで同じ炎症性腸疾患に悩んでいる方に若い人もいることを知り、手にしやすい100円程度(1ドル)にする予定です。

永遠の0 (講談社文庫)
百田 尚樹
講談社
2009-07-15



永遠のゼロを書いた百田 尚樹さんによると、書きやすい部分の原稿を書きためていって、あとでつなげると本が書きやすくなると言ってましたので、それに習って書いていきます。

そのため、ブログではエピソードがとびとびになってしまうかもしれません。

----

私は民間医療のことを以下のものとしてとらえています。

1) それがなぜ効き目があるのか科学技術的に解明されていない
2)効き目のあることと、効き目のないことが混ざってしまう
3)効き目のないことが混ざっているため、おおざっぱ
4)効き目のないことが混ざっているため、人によっては効き目がない!と判断されてしまう続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

読者のみなさん、こんにちは。紫陽(むらさき・よう)です。

紫陽は、紫陽花(あじさい)の花から取りました。
紫陽花が好きなんですw

僕は、このブログを立ち上げたときに決心しました。
病気が治ったら、自分の体験を本にして、(残念ながら)これから同じ病気になる未来の患者へ情報を届けることを。

本といっても、誰でも出版が可能なキンドルによる電子出版を考えています。
キンドルは、iphoneでもAndroidでも閲覧することができますので、誰でもすぐに読むことができます。
(キンドルの専用端末は必要ありません。)

値段は信頼性のありそうな680円にしようかなぁと迷っていましたが、twitterで同じ炎症性腸疾患に悩んでいる方に若い人もいることを知り、手にしやすい100円程度(1ドル)にする予定です。

永遠の0 (講談社文庫)
百田 尚樹
講談社
2009-07-15



永遠のゼロを書いた百田 尚樹さんによると、書きやすい部分の原稿を書きためていって、あとでつなげると本が書きやすくなると言ってましたので、それに習って書いていきます。

そのため、ブログではエピソードがとびとびになってしまうかもしれません。

----

これは仮説です。

自己免疫疾患が治りにくい理由を私は次のように考えています。
002
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

千円札に記載されている野口英世さん。

彼は、1918年に南米のエクアドルで流行っていた黄熱病の研究で成果を出し、多くの患者を救います。
しかし、その後、その病気は黄熱病ではないことが判明しました。(患者を救ったのは事実ですが、黄熱病ではなかった。)

ふたたび、流行した黄熱病の研究に熱意をもって取り組みますが、残念ながら成果は出せず、1928年に彼は黄熱病で命を落とします。

高い志を持ち、命をかけて黄熱病に取り組んでも、願いは叶いませんでした。

なぜか?続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ