いろんなことを調べていくうちに、自分の体で起きているメカニズムについて、だんだんと納得していくことができています。

あくまで、自分がどう思うかというのがポイントです。

正しい、正しくない ではなく、私が「納得できるかどうか」。

001



私は自分のことをリーキーガット症候群だと思っていて、上記の対応表を作りました。

胃の消化に負担をかけないたべもの(質)を選びつつ、
胃が消化できる量(少食)で胃の状態を回復を図る。

さらに、傷ついた腸壁の症状を抑える「漢方」があれば、

私の炎症性腸疾患(単純性潰瘍)は、これ以上は悪くなることはなく、
ゆっくりと時間をかけて治っていくだろうと予想はできています。

----

ただ、私は昔から「アレルギー性鼻炎」と「にきび(ふきでもの)」に悩まされていました。

昔から腸壁に穴が開いていたとも考えられるのです。

そうすると、腸壁の損傷や、腸壁の穴の数は、かなりの規模と推測され、
治療には、それなりの時間がかかってしまうのではないかと不安を抱いています。

----

腸壁の穴を完全にふさぐ前に、症状を軽くすることはできないか?

----

そんな悩みについて考えて居るとき、

ふと、思い出しました。

IgG抗体の量を調べることのできる検査キットがあることを。




【検査項目】 ■乳製品(カゼイン、チェダーチーズ、カッテージチーズ、牛乳、ホエイ(乳清)、ヨーグルト) ■フルーツ(リンゴ、アボカド、バナナ、網メロン、チェリー、ココナッツ、赤ブドウ、グレープフルーツ、キウイ、レモン、マンゴー、オレンジ、パパイヤ、モモ、パイナップル、いちご、スイカ) ■ナッツ・穀類(アーモンド、あずき、玄米、カシューナッツ、蕎麦、トウモロコシ、小麦グルテン、キドニー豆、緑豆(マング・ビーンズ)、オートムギ、ピーナッツ、ピスタチオ、白米、ライムギ、ゴマ、大豆、クルミ、全粒小麦、さやいんげん) ■野菜(筍、もやし、ニガウリ、ブロッコリー、キャベツ、にんじん、カリフラワー、セロリ、きゅうり、ナス、ニンニク、ピーマン、昆布、リーキ、レタス、マッシュルーム、オリーブ(黒)、タマネギ、かぼちゃ、ほうれん草、さつまいも、トマト、じゃがいも) ■肉類(牛、鶏、鶏卵(卵黄)、鶏卵(卵白)、ラム、豚、アヒル卵(全卵)) ■シーフード(あわび、ハマグリ、タラ、カニ、イカ、牡蠣、レッドスナッパー、サーモン、スズキ、エビ、マグロ) ■スパイス(カレーパウダー、しょうが、マスタード、黒胡椒、チリ、バニラ) ■その他(製パン用イースト、醸造用イースト、カカオ、コーヒー、蜂蜜、さとうきび、緑茶)

----

IgG抗体は、血液中に存在します。

抗体はそれぞれ異なる抗原の鍵を持ちます。

抗原が体にはいると、その抗原の鍵をもったIgG抗体と結びつき、これが目印となります。

そして、病原菌(細菌)を捕食する好中球(白血球ファミリーのひとつ)を元気にし、目印の抗原を捕食して倒します。

体の中に、その抗原に対する抗体が沢山あるということは、抗原が侵入したときに、目印がつきやすくなるのです。

そして、その分、たくさんの好中球を元気にしてしまいます。
----
(↓これで勉強しました)



----

ここで不思議なことは、IgG抗体は細菌をターゲットにしているはずなのに、食べ物が抗原になっていることです。

食べ物は、細菌ではありませんから、悪さをしないはずです。

IgG抗体検査キットがあるという現実についての理解はできていません。

ただ、さきほどのIgG抗体キットをつかって、自分の抗体を調べ、
抗原を避けるようにした方々は、蕁麻疹や「顔のかぶれ」の症状が落ち着いたようです。

彼が蕁麻疹に悩まされていて病院ではホコリや花粉などのアレルギー検査はしてもらえますがそれ以上のことはしてもらえず症状は悪化するばかりでした。
食物によるアレルギーではないかと調べていたら遅延型の食物アレルギーがあると知り、こちらのキットで検査すると昔から食べていた乳製品と卵白に該当して驚きました。該当食物を除去して1ヶ月ほどでボロボロになった肌が元のように戻り4ヶ月経っても蕁麻疹はでることはありません。
検査はキットの中にある試験紙に血をしみこませて送ると2週間で検査結果が送られてきます。一緒に入っている冊子に食品ごとの説明があり、卵白は単体だけではなくソーセージなどの加工品にも含まれているのでそれらも気をつけなければいけないこと等、料理を作る上でこれらの情報は助かりました。
あとアメリカでの症例でしたが、子供の自閉症や落ち着きの無さも食物アレルギーによることがあり、除去すると症状が改善したということを知り、食物の重要性を再認識しました。


昔からアトピーが酷くなったり良くなったり、を繰り返していました。病院での血液検査では食べ物のアレルギーは無し。
でも今回の検査で、卵アレルギーが発覚しました。卵を断って二週間ですが、ブツブツが徐々におさまっています。今まで、疲れると蕁麻疹が出ていたのですが、出なくなりました。これからもっと良くなりそうです。
また、アトピーの原因はコーヒーかも…とコーヒーをひかえていた時期もありましたが、無反応だったので、これからは安心してコーヒーを飲むことができます。
私は、この検査をやって良かったです。



顔のかぶれが治らず、1年間皮膚科に通いました。
3件の皮膚科にかかりましたが原因がわからず、飲み薬だけが増えていき…
薬を飲まないとかぶれ症状が悪化する…という状態でした。
この検査で思っていなかった『卵アレルギー』という結果が出て
卵除去の食生活に切り替えたところ、3日目くらいから肌に変化が表れて
周りの人からも「肌がきれいになってきたね」と言われるようなりました!
もっと早くこのアレルギーチェックをやればよかったと思います。
どんなに薬を飲んでも、化粧品を変えても、サプリを選んでも…原因がわからないので
対処方法がわからず、時間とお金だけがかかっていくだけでした。
このキットは原因を知ることができる最適な方法だと思います!
採血も一人で割と簡単にできましたし、結果の報告用紙もとてもわかりやすく
これからの食生活のアドバイスなども細かく書いてありました。
かなりおすすめの検査キットです!



これは上記の表にある対応ステップ1)〜4)に当てはまらないステップです。

腸の穴を塞ぐまでに時間がかかるので、それまでの間、炎症の原因となる抗原の一部(あくまで一部)を体の中に入れないという対策です。

抗原を調べてみたい。でも、3万円かー。