カテゴリ:治療に役立ちそうなこと(肉体的) > リーキーガット症候群

炎症性腸疾患になって、当初、原因として考えていたのは「リーキーガット症候群」でした。

リーキーガット症候群とは、大腸の内壁の防御反応が破綻して、体内に取り込むべきではない物質が取り込まれる症状のことを指します。

なぜ、リーキーガット症候群が発症するのか、そのメカニズムについていままで知らなかったのですが、慶應義塾大学が糖尿病の発症メカニズムを明らかにしたプレスリリースに掲載されていたので、転載します。


糖尿病の患者数は2000万人と、炎症性腸疾患である潰瘍性大腸炎の20万人を比べると100倍も存在することを考えると、私たちが考える以上に、リーキーガット症候群になりやすいと言えます。


今回のプレスリリースで明らかにされたメカニズムは、こうです。

========================================
①4週間、脂肪分を60%含む、高脂肪食をマウスに食べさせた
②腸管上皮で、 タンパク質の一種であるCcl2(Chemokine C-C motif ligand 2)の産生が増加した
③Ccl2は、白血球のマクロファージを集めることができる
④腸管上皮にマクロファージが集まる
⑤マクロファージが腸管上皮のバリア機能を破綻させる(リーキーガット症候群)

⑥バリア機能の破綻によって、「腸内細菌由来の毒素である LPS」や血液中の「炎症性物質」、「炎症性サイトカイン」が上昇する。
⑦これらの物質が血中を循環し、インスリンの効きやすさを決める脂肪組織や肝臓に達し、インスリンを効きにくくする(糖尿病)
========================================

 
プレスリリースで明らかにされなかったこともあります。

・高脂肪食を食べると、マクロファージが 腸壁を攻撃しているが、食べ物を攻撃するのではなくて、腸壁を攻撃している理由はなぜか?
・ 食べ物を攻撃しているときに、誤って、腸壁も攻撃しているかもしれないが、そもそも食べ物を攻撃するのはなぜか?

これらのことは今後の調査を待つしかありません。


高脂肪食にはこうした影響があることを知って、高脂肪食ばかりの食事にならないように気をつけたいと思います。 

それにしても、ポテトチップスとか、、、、。スナック菓子とか。。。食べにくくなるなぁ Σ[´Д`;]
このエントリーをはてなブックマークに追加

ラットの実験で、消化管バリアの損傷を回復させる効果が確認された『ケルセチン』。

新たな病原体の進入を防ぐためにも、消化管バリアの損傷を回復させることは急務であり、僕の治療方針の中でも、大きなウエイトを占めます。

001-004

そんなケルセチンを大量に摂取できるのが、この下の本で紹介されている「たまねぎ氷」です。




ケルセチンは水で溶けてしまうため、この本のように電子レンジを活用した調理法は効果的だと思います。

僕は毎日5個を溶かして食べています。

かんたんに言えば、単にタマネギを食べているだけで副作用はないはずです。

また、西洋医学による炎症性腸疾患の治療を行っている患者さんも、併用できる治療法だと思います。

おすすめ!





このエントリーをはてなブックマークに追加

LB81乳酸菌に、腸管バリア機能を向上させる機能があることが判明したそうです。

腸管バリア機能とは、食べ物とともに腸に入り込んでくる細菌やウィルス腸内の悪玉菌が代謝の過程で産生する有害物質などが、腸から体の中に侵入するのを防ぐ機能です。

逆にいえば、私たちが腸管バリア機能を損傷すると、細菌やウィルス腸内の悪玉菌が代謝の過程で産生する有害物質などが体に侵入し、悪さをします。

僕自身は、この『腸管バリア機能の損傷』が炎症性腸疾患の原因ではないかと疑っています。




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


炎症性腸疾患を引き起こすリーキーガット症候群の対策には、タマネギの「ケルセチン」が有効
という情報をしって、効率的に「ケルセチン」を摂取する方法を探していました。

一つ目の案はサプリメント
ハウス食品公式サイト「ハウスダイレクト」で販売されている『タマネギの力』に含まれているケルセチン含有量は1粒3mg程度。

もう一つ目の案は、「たまねぎ氷」



たまねぎ氷は電子レンジでタマネギを加熱し、ミキサーでどろどろにしたもの。
(※ 我が家では、電子レンジではなく、圧力釜を使いました。)

水に溶けやすい「ケルセチン」を逃がさない調理法です。

たまねぎ氷は、毎日の利用しやすいように冷蔵庫で凍らせ、氷にしますが、

そのまま飲んでみました。

「この味は、カレーの中にこんな味あったよな。これはタマネギだったのか。」

と思うくらいで、美味しい。

加熱もしっかりしているので、甘いです。





完治にために、絶対に摂取したいと思っていた「ケルセチン」

やっと飲めました。


このエントリーをはてなブックマークに追加






体は、ここに異常があるよ!

と伝えようとしていたのですね。

あとは、自分の決めたことを守っていくだけだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ