カテゴリ: スピリチュアル

僕は、宗教団体には入っていませんが、おそらく名前のない宗教の考え方には染まっています。

私が参考にしている人は、「バシャールさん」「エイブラハムさん」「江原啓之さん」です。そして、「井内由香さん」です。

もちろん、これまで占っていただいた方もいらっしゃいます。


私が知りたいと思っているのは、①なぜこの世はあるのか、②この世を動かしている法則はなにか、この2つです。

それらについて調べてきましたが、次の法則があることが分かってきました。
「輪廻転生」「カルマの法則」「鏡の法則」「引き寄せの法則」「ワクワク」そして、井内由香さんの「他人にしてあげたこと、他人からされたことの差分が運としてやってくる


井内由香さんから運とは何かを学ぶことができました。
そして、萩本欽一さんが、運をコントロールしていたことを理解できました。視聴率のよい番組を作るため、そして維持するために、運をそこにつぎ込んでいたのです。



井内由香さんが本を出されていたので読みました。

cb4bd967.g



病気について、神さまはこのように語っているそうです。

神さまは、「健康は7割が考え方、3割は生活習慣が原因」とおっしゃいます。
健康になるための考え方とは、ズバリ、人に対して悪い感情を抱かないことです。
人に対して、ネガティブな感情を抱いていると、それは身体にサインとして現れます。
23cbd009.g


気になる内容をメモしました。

ものごとがうまくいく人は、いつも自分と向き合って自分が相手にどんな思いをさせているかを気にしています。

ノルマを達成できる人はノルマを達成する、できるものという前提で動いています。

天職は自分で作り上げていくもの

どうにかなるさではなくて、どうにかする

神さまから「生まれているうちに自分が持っている力をすべて出し切れる人はいない」と言われている

ae06444b.g
 


なぜかうまくいく神さまの処方箋
井内 由佳
学研プラス
2016-07-13


病気になると不安になることが多くなりますが、井内由香は不安は不安な結果を引き寄せるから、いたずらに不安になってはいけないと諭します。

そして、なんとかする!という気持ちをもって、すぐに行動すること。

さらには、 自分の周りのひとを喜ばせることを続けて行くと、必要なときに運を授かれると言っています。

がんばっていきましょう! 
このエントリーをはてなブックマークに追加

相変わらず、スピリチュアル系の本が好きで、本屋に行けば、それ系のエリアの本をチェックします。

さすがに全部の本は読んではいませんが、しかし、あらかたのことは学びました。


スピリチュアル系の本を大きく分けると二つに分割できます。霊的なものと宇宙人的なものです。


そのうち、スピリチュアル系の本に登場する宇宙人は、人は、もっと楽に生きる道を選んだ方が良いと説きます。 


いままで、この内容を見ても心は動かされなかったのですが、思考実験として、逆に、もしそれが本当なら、なぜ人は楽に生きる道を選ばないのか考えてみることにしました。


■何事も全力を求める社会
----
学校に通っていたときを思い出すと、教師は子供たちに、常に全力を出すことを求めています。そして、その習慣が身についています。

全力を出さない人は、怠惰であるとされ、蔑みの対象になるのです。

勝ち負けの勝敗をつけ、誰もが常に全力を出すように仕向けます。


■見栄が苦しめる
----
最近はすこし変わってきてはいますが、しかし、大部分の人が見栄を張ってしまいます。

勝ち負けを決める社会において舐められたくないという気持ちがどうしても出てきます。

お金持ちの方が気持ちは自由で、どちらかと、言えば貧しい人の方が貧しさを隠すように無理をしてしまいます。

■ 社会に流されて
----
結婚、出産、家の建築。
ある程度の年齢になると、あなたもそろそろと周囲から同調するように求められたり、自分もそろそろと勝手に同調しようとしたり。


こうして考えると、楽に生きるとは、つまり、自分を知ること、自分の生き方を選ぶこと、そして自分の生き方に自信を持つことにあると思いました。

他人とは違うんだ!僕は僕だ!私は私だ!という思いが必要ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


病気の恐怖に押しつぶされないように、引き寄せの法則の本を読み直しました。



引き寄せの法則は、3つのルールがあるそうです。


忘れないようにノートに書き写しました。




①自分に似たものを引き寄せる

自分自身が磁石である。


②私が考え、信じ、期待したことは実在する。

しかし、それが手元に届くまでタイムラグがあるので、手元に届くまで不安に思わず、待つ。不安に思うことは、その考え方を否定することになる。


③他者がありのままの他者であることを許容し、受け入れる。

他者の行いに対しての感情はそのまま①と②となる。


いま、アメリカ大統領がアメリカを分断を際立たせるような行いをしています。

それを心配すると、心配した方に物事は進みます。


アメリカの力を信じておけば、アメリカはアメリカ自身の力で、良い方に進みます。


不安ばかりの人はその不安が当たるので、不安スパイラルから抜け出せない。


武田鉄矢さんのお母さんのような前向きな人は、前向きな結果が得られるので、前向きスパイラルのまま。




このエントリーをはてなブックマークに追加


守護霊さんにどうしたらよいか質問しました。


質問
---------------
人生の岐路において自分で判断しなければ、生まれてきた意味がないとも思っているので、このことを相談するのは、情けなさを感じていますが、守護霊さんからアドバンスがあるのなら、受け取りたいのです。

答え
---------------
どの道を選んでも、必ずリスクは伴うものだが、リスクを恐れてはいけない。

今、あなたが一度立ち止まって考えているのは、今が転換期だから。

強い薬は、あなたに合う薬であればいいが、強い分、副作用が出やすく感じている。そこが心配だ。

質問された三つの道のうち、慶応大は良いかと思うが、最終的に決めるのは、あなた自身なので、自分が決めた道を行くといい。

今まで、自分自身のやり方で良く頑張ってきた。これからは、もっと医者に頼っていい。あまり、一人で抱え込みすぎないように。

以上

自分の気持ち
---------------
実は僕の病気は試練をくださいと神様にお願いした結果です。
いまでは、後悔しています。

今日の出来事を通じて、一番思ったことは、後悔しないように生きようでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はスピリチュアルの話です。

バシャールの本を読むと、 豊かさは限定されていないという記述を見かけます。


そういうものなのかなぁと半信半疑でしたが、

自分なりに解釈をすると、「だから、嫉妬する必要はない」という結論にたどり着くことができました。


あの人は、たくさんお金を持っていて豊かであるかもしれないが、

あの人が、それだけのお金を持っていても、

あなたも同じくらいのお金を持つことができる。



あの人のお金の一部を奪うことで、あなたが豊かになるのではない。

豊かさはゼロサムゲームではなく、奪い合うものでもない。 



あの人は、あの人がやるべきコトをやり、

あなたは、あなたがやるべきコトをやるだけでよい。


だから、嫉妬する必要はない。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ