他に見つかれば、追記していきます。

追記 2017/03/24 16:43
========================================






2017年2月19日
この本がすごい。「単純性潰瘍」の僕が「脳静脈洞血栓症」を併発した理由がわかった。

歯周病

歯周病菌が口から血管内に

血管内壁に付着

白血球からの攻撃を受ける(自己免疫疾患)

その残骸が血栓として残る




2017年2月7日
クローン病とベーチェット病とハンセン病には、感受性遺伝子が似ていて、ベーチェット病とハンセン病の発症には病原体が関わっている

横浜市立大学の研究により、①ベーチェット病の感受性遺伝子の特定が進み、また、②ベーチェット病の発症には病原体の関与が強く疑われることが明らかになりました。

① IL-1αの皮膚バリア機能の低下によって、侵入した病原体への過剰なIL-1βを介した免疫反応がベーチェット病の発症メカニズムに関与することが示唆された。

② 本研究において判明した感受性遺伝子の多くが、炎症性腸疾患であるクローン病や、感染症であるハンセン病と共通する。

③ クローン病とベーチェット病は症状や検査結果に多くの共通点があり、本研究の結果から両疾患の遺伝的背景も近いことが分かった。

④ ハンセン病はらい菌による感染症であることからも、ベーチェット病の発症に病原体が関与していることが強く示唆された。

⑤ 本研究の遺伝学的成果は、環境要因として考えられている病原体の存在がベーチェット病に強く関係していることを示唆するものであり、今後の環境要因の解明にも大いに貢献するものと考えられる。




2016年7月5日
【朗報】潰瘍性大腸炎やクローン病の新薬の原動力へ。悪玉菌だけをやっつける抗体を発見(奈良先端科学技術大学)

奈良先端科学技術大学の研究者が、腸内細菌の「悪玉菌」だけをやっつけてくれる抗体を発見してくれました。

その抗体の名前は、「W27IgA抗体」 。

今回発見したものは、病気の原因となっているだろう「悪玉菌」の繁殖を抗体を使って、意図的に抑えるものです。



潰瘍性大腸炎の原因菌の一つは、腸内細菌の「フソクバクテリウム・バリウム」

【方法】この治療は腸内細菌のうち、粘膜に付着し病気を引き起こしていたり、または増悪する原因と疑われるFusobacterium variumという細菌を除菌することを目的に確立されてきた治療です。基本的には抗菌剤3種類(サワシリン、アクロマイシンVまたはホスミシン、フラジール)の抗生剤を2週間内服する治療です。

【成績】この治療法はすでに欧米諸国では通常医療として行われており、その有効性は多数報告されています。C.difficile菌感染腸炎(抗生剤長期投与によって生じる難治性腸炎)についてはほぼ100%、炎症性腸疾患については約70%の患者の方が寛解(病気が落ち着くこと)し、そのほかの病気(自己免疫疾患、糖尿病、肥満など)にも応用され始めております。ただし、新しい治療には全て当てはまることですが、長期間の治療効果については結果が待たれているところです。薬物医療ではないため、薬剤性の副作用はありません。下痢、腹痛などの副作用も少数報告されておりますが、重篤な有害事象の報告はありません。




2013年11月14日
腸内細菌が作る酪酸が、免疫の炎症を抑制する制御性T細胞(Tレグ)への分化誘導する

研究者
理研統合生命医科学研究センター 粘膜システム研究グループの大野博司グループディレクター
東京大学医科学研究所の長谷耕二特任教授(JSTさきがけ研究者)、
慶應義塾大学先端生命科学研究所の福田真嗣特任准教授を中心とする共同研究グループ

発表内容からの抜粋
・食物繊維が多い食事を摂ると酪酸が増加
・酪酸が制御性T細胞への分化誘導に重要なFoxp3遺伝子の発現を高める
・酪酸により分化誘導された制御性T細胞(Tレグ)が大腸炎を抑制


2013年2月4日
大腸粘膜を保護するムチン産生に、IRE1βと名付けられた「細胞のストレスを感知するセンサー分子」が重要な役割を果たしていることを明らかに。

研究者
奈良先端科学技術大学院大学 都留秋雄助教と河野憲二教授ら
英国ケンブリッジ大学David Ron博士、
群馬大学岩脇隆夫博士ら

発表内容から抜粋
・我々の消化管内には、摂取した食物や腸内細菌が存在している。そのため消化管の表面は粘液で保護されている。この粘液の主成分はムチンと呼ばれる物質である。ムチンは非常に多くの糖が結合したタンパク質(糖タンパク質)であり、これが不足すると、種々の腸疾患の発症につながることが知られていた。
・細胞のタンパク質生産の新たな調節機構、または効率化の重要性を示している。すなわち効率化がうまく行かないと結果的にタンパク質の生産量が減少し、重篤な疾患を引き起こす危険因子になる。
・このIRE1βによる調節のポイントは、メッセンジャーRNAの量を0にするのではなく、少し量を減らし、タンパク質の合成量が小胞体の処理能力に見合う量になるように調整するということである。

僕のコメント
簡単に言えば、自分の体がムチンを作りすぎると、その次の工程が滞り、返って上手くいかない。
適切な量のムチンを作るために、IRE1βがあることは分かったということですね。
あとは、ムチンを自分の体で作っていることを初めて知りました。


2012年2月2日
IBD患者では、健康な人に比べて「トリプトファン」や「ヒスチジン」など特定のアミノ酸の血中濃度低下している

研究者
慶大医学部消化器内科の日比紀文教授ら)と味の素、味の素製薬の共同研究

発表内容からの抜粋
・味の素と味の素製薬はクローン病患者の経腸栄養に用いられる成分栄養剤「エレンタール配合内用剤」の成分であるアミノ酸の機能に着目。
・IBD患者では、健康な人に比べて「トリプトファン」や「ヒスチジン」など特定のアミノ酸の血中濃度低下していることだ。その低下は、寛解期と比較し活動期でより顕著であることも判明した
・IBD患者では血中アミノ酸バランスが変化していることが判明
・クローン病の活動期と寛解期の患者を判別するインデックスと、潰瘍性大腸炎の活動期と寛解期の患者を判別するインデックス)も作成され、これらは高い特異度と感度で病期を鑑別できることが確認
・IBDは前述したように特異的な血液検査マーカーなどが確立していない


2010年7月19日
インターロイキン22がムチンを作るサポートをして、ムチンによって症状が改善された
研究者
浜松医科大第一内科の杉本健助教と米ハーバード大の共同研究

発表内容から抜粋
・実験でマウスの大腸のIL−22を増やすと、受容体と結合して細胞内にある情報分子STAT3を活性化した。STAT3は、粘膜を保護する働きがある物質のムチンを作る杯細胞を増加させ、できたムチンによって症状は改善された。

僕のコメント
ムチンを増やす含む食品はこちらに記載されています。
ムチンはオクラヤマノイモサトイモモロヘイヤアシタバナメコなどのように、ヌルヌルした食べもの全般に多く含まれています。



2009年8月 7日
オメガ-3脂肪酸を多量に消費すると、潰瘍性大腸炎の発現リスクが4分の3以上低減した。

発表内容から抜粋
英イースト・アングリアEast Anglia大学(ノリッジ)のAndrew R. Hart氏らの研究

研究報告
・リノール酸摂取が最も多かった被験者では最も少なかった被験者に比べて、疼痛を有する腸の炎症および水疱形成(blistering)が2倍以上認められた。リノール酸は、赤身肉や一部の食用油、マーガリンなどに含まれる。
オメガ-3脂肪酸を多量に消費すると、潰瘍性大腸炎の発現リスクが4分の3以上低減した
リノール酸は体内でアラキドン酸に変化する。アラキドン酸は腸内細胞膜の成分であり、その後、組織に炎症を引き起こすさまざまな化学物質になる。潰瘍性大腸炎患者では、腸の組織内にこれらの化学物質が高濃度でみられる