【入院2】CRPは通常通りで高くなく、腸閉塞の疑いへの続き。

入院2日目


やっとiphoneが手元に届きました。
連絡できない、ネットができない結構つらいですね。


入院3日目


レントゲンの撮影。
レントゲンを撮る意味がわからなかったのですが、後日、腸内の便の状況を確認したかったと判明しました。

ずっと、最低限の点滴のみで過ごしてました。

お腹が減りすぎてて、体調がおかしくなりました。

ふらふらになります。


看護士さんには、お腹が空くのは体調が良くなっている証拠と励ましてもらえましたが、

19時頃に充満する夕食の匂いに、耐えられなくなり、そのまま寝ました。


入院4日目


朝4時頃に目が覚めました。

入院計画書にサイン。入院期間に14日間と書かれていたので、心理的な負担が減りました。

この時点では、まだ腸を切る可能性もあったので、心理的な負担が減っていたのは私の勘違いで間違いなのですが、勝手な期待に過ぎないけど、気持ちが軽くなっていたのは確かです。


翌日、大腸内視鏡の検査をすることになりました。

この検査では、潰瘍の状況を調べるのが目です。

医師からは、狭窄や閉塞の状況を調べた上で、今後の処置を決めると言われました。

一般的に、こういうときに医師はいきなり最悪の状況の話はしません。
Aの時は、Bの時は、Cの時はと話をするのですが、Aが一番処置が軽く、B、Cと進むにつれ、処置が重くなっていきます。

潰瘍をステロイドでなくしてから、バルーンを入れて、狭窄を広げたいが、狭窄がどの程度なのかは確認してからの判断になると言われました。


明日の内視鏡検査のためには便を出す必要があると言われたので、勝手に、水を買ってごくごく飲みました。


病室は2人部屋ですが、隣の患者さんが外出でしたので、私一人で寝ました。
入院時は、いつも、テレビを見ているのですが、今回の入院ではテレビを見る気持ちが起きませんでした。

今後どうなるのか、不安が大きかったからだと思います。


悪く言えば、いまの自分の病気を軽く考えていました。

去年の病院変更と、自分の取り組みの結果で、CRPが0.28と極端に小さくなっていました。

IMG_3847


これが油断の元です。

これで、僕は、いきなりは病気は治らないけど、このまま行けばきっと治ると信じていました。












続く。