2017年9月末に、急に下痢が続きました。

ちょっと、マズいなあと思っても、どうやったらいいのか解決策が見つからず困っていました。


そんなときに、歯周病菌や虫歯菌対策になればと、ロイテリ菌を買って、毎日舐めていたら、下痢が収まりました。








効果があるかもしれないと続けて、毎日舐めていたら、CRPの数値も0.59まで下がってくれました。ここまで下がってくれたことはないので、ロイテリ菌は一定の効果があるのではないかと考えています。


先日、慶応大学がクローン病と潰瘍性大腸炎の原因が、口内細菌のクレブシエラ菌である可能性を発表していました。




ロイテリ菌を舐めたことで口腔細菌が整えられ、私の下痢が止まり、CRPが改善に向かったのかもしれません。

個人的には効果がありましたので、ご紹介しておきます。

ただ、ポイントはロイテリ菌だけではなくて、口内細菌のコントロールだと思います。

口の中の菌を増やさないように、お菓子を食べるのをセーブしたり、食事後は歯を磨く(磨きすぎないように、歯磨き粉は使わない)などをしています。