本日話題になっていた、この書き込みが気になりました。
from http://anond.hatelabo.jp/20170410135233

電気の消し忘れを注意したらたかが数十円でそんなに怒られる意味が分からないって言われたんだけど
たかが数十円でももったいないでしょって返したら、それぐらいなら金出すって返された。
些細な事で怒られる意味が分からないっていうけど
何度注意してもそんな些細な事も出来ないことがわからない。
金出せばいいってそういう問題じゃないでしょうって言っても伝わらない。
電気の消し忘れがなんでそんなに悪いの?って言われても
使ってないなら消すのが当たり前だと思うんだけど わたしが間違ってるのか?
片付けできない。使ったら使いっぱなし。
元通りにできない相手には何を言っても理解してもらえないんだろうか・・・。 


自分と行動が違う人間を変えたいと思ったとき、注意すればするほど、怒れば怒るほど、上手くいくと考えていると、こんな行動になると思います。


子供のとき、自分の両親がどのようにアプローチをしてきたのかを思い出してみると、

自分の母親もこうでした。

怒れば良い!

しかし、結果はどうだったのかなと思う。

あんたはこれがダメだ、あれがダメだ。という情報をすり込まれてしまったのかも。

自分が当時マイナス思考だったのは、こうしたことが積み重なった結果かも知れない。

 

子供は逃げられないので、親の意見を素直に受け取って、心を固定してしまう。

しかし、大人は耐えられなくなったら、一緒に過ごすことを諦めると思うのです。

会社だったら転職だし、夫婦だったり離婚だし。
 


電気の消し忘れなら、技術的なアプローチでも変えられるようです。

たとえばこれ。

 
注意すればするほど、怒れば怒るほど、上手くいくはずと思いこまずに、いろんなアプローチで解決を模索すると良いかもしれませんね。