理化学研究所による研究結果で、腸内細菌が作る酪酸には炎症性腸疾患の発症を防ぐ役割があることが判明しました。

これまで、クローン病や潰瘍性大腸炎の炎症性腸疾患の患者の腸内は、酪酸を作る腸内細菌が少ないことが知られていたそうです。

この時点では、なぜか、酪酸を作る腸内細菌が少ないというレベルだったと思うのですが、

今回の研究結果で、明確に腸内細菌が作る酪酸には炎症性腸疾患の発症を防ぐ役割があることが判明したことが大きなニュースです。


私はひとりの患者として、どうすれば酪酸を作る腸内細菌を増やせるのだろうかという問いの応えが知りたいです。

理化学研究所による研究では、

・細菌の栄養源である食物繊維を多く含む食事
・酪酸化でんぷん

の2つについて記述がありました。


食物繊維を多く含む食事として、押し麦100%を食べています。

でも、酪酸化でんぷんの方が即効性がありそうなので食べてみたいのですが、

どうやって買えば良いのか分かりません。

諦めずに探してみます。