日本最高の進学校に受験する人は一日あたり10時間ほど勉強するらしいです。
 
私は残念ながら10時間も勉強はできなかったです。想像すらしていなかったです。



それくらいの勉強量が必要だと知っていたら、未来が違っていたかもしれません。

過去を悔やんでも仕方がないので、未来に向かって行動しようと思っていますが、
実は、勉強量について、あることに気づきました。


それはインプットとアウトプットの負担の重さについてです。


先日、出張のため飛行機で移動していたのですが、

キンドルで本を読み始めて30分したら、つらくなって止めてしまいました。
周りをみても、すでに本を閉じて寝ている人もいます。

つらいのは私だけではなくてホッとしましたw


この経験から、人はインプットすることに疲れを感じるのではないか、ということに気づきました。
逆に、(いまもこうして行っていますが、)ブログの記事を書くなどのアプトプットには、疲れを感じません。

脳にとっては、インプットよりもアウトプットの方が負担が少ないようです。

このことに気づいて、普段英語の学習で使っているiKnowというアプリを思い出しました。
このアプリでは、アウトプットを通してインプットをするという仕組みになっています。



インプットした情報をなんどもなんどもアウトプットさせます。
アウトプットをしながら、記憶を定着させていきます。

アプリは紙とは違って、アプトプットの際、テストが正解か不正解かを音をつけて教えてくれます。
正解するとうれしいという感情も湧きますし、テスト⇒正解・不正解のテンポも良いです。




そのため、記憶しようと努力しなくても、自然に記憶されてしまいます。



私は学生時代に公文式のアルバイトをしました。

小学性が解いてきたシートの正解・不正解を確認して、大きな○をつけて褒めるのが仕事です。

公文式の問題の難易度はシートごとに異なっています。

シートごとの難易度の階段がとても細かいです。

そのため、ほとんどの小学性は、全問正解して大きな○がもらえます。


いままで公文式の良いところは、勉強を簡単だと誤解させてw、勉強を好きにさせてしまうことだと思っていました。



しかし、こうしてアウトプットの重要性を感じたあとに、振り返ってみると、

公文式でも、iKnowと同じように、アウトプットを通してインプットをしていることに気づきました。



同じレベルの問題を大量に解くとは、つまりアウトプットを通じてインプットをしていることと同じです。


過去の学校の勉強について思い出してみると、学校ではインプットばっかりやっていました。

先生が黒板をつかって授業をするのはインプットと同じです。

インプットはアウトプットよりも負担が大きいので、眠くなったりします。

学校の勉強は実はやり方が間違っているのではと思うようになりました。


本当は、生徒がたのしくアプトプットできるような仕組みを提供してあげられたら良いのですね。