「以前、潰瘍性大腸炎と診断されたことがある通りすがりのものです。」さんへ、

コメントありがとうございます。
多くの方の目にとまるように、記事にして掲載させていただきますね。

========================================ここから

 以前、潰瘍性大腸炎と診断されたことがある通りすがりのものです。 

私の場合は、和食中心の動物性たんぱく質少なめの食事にオメガ3サプリメントなどで自己治療し、再発していません。

ただ、旅行で洋食中心になったりすると、再発の予兆を感じます。 ですから、腸内細菌はこの病気の治療の要だと思います。最近話題の糞便移植治療も要は善玉菌の大量移植でしょう。 

私は今、息子のアレルギー性鼻炎を治すために乳酸菌の事を色々調べていますが、アメリカのサプリメントは安くて非常に高品質、そして善玉菌がバランス良く配合されており、一包や一錠に300億、2000億という高配合のものもあります。


UCの患者さんが効果があったとレビューにも書いてありました


人間の腸内細菌は100兆〜1000兆だそうですので、そのくらい高配合で無いと、効き目が遅く、ゆるいでしょうね。 とても安いので続けるのも容易です。最初の内は高配合のものを集中的に摂取して善玉菌優勢にし、その後、コスパの良い3億、50億くらいのもので維持するのが良いかと思います。 
 
アメリカからの輸入になりますが、安価で送料も無料、1週間程度で佐川やクロネコで届き関税もかかりません。 

ビオチン、ケルセチン、オメガ3も花粉症やアレルギー性疾患は出る場所が違うだけでほとんど原因は同じですので飲むサプリメントは同じですね。 
 
ちなみに、口腔内のミュータント菌にも乳酸菌のアシドフィルス菌が効くようですね。ですので、ポリポリと噛んで食べる乳酸菌サプリなども多数あります。逆に腸に生きたまま届くように腸溶性カプセルのものもあります。 
 
ぜひ一度お調べになって下さいね。 


詳しく効能や効くメカニズムが載っているのは アメリカンプロビタミンショップ、調べ物はこちらがオススメです。(日本語です)実際に購入するのは iherb が断然安いです。こちらも日本語で日本円で買えます。

========================================ここまで
 
以上です。