感受性遺伝子という言葉があります。

これは、ある特定の遺伝子が陽性の人はは、この病気になりやすいと傾向にあることを指します。

たとえば、HLA-B51が陽性の人はベーチェット病になりやすいとされます。

しかし、ここから不思議な話になりますが、

HLA-B51が陽性でなくてもベーチェット病になってしまったり、
HLA-B51が陽性であってもベーチェット病にならなかったりします。

ある特定の遺伝子が陽性だからといって病気になるとは確定しません。

あくまで、なりやすさだけが分かります。

ベーチェット病の人はHLA-B51が陽性の人が多いなぁくらいの感じです。


このマンガがわかりやすかったです。