2017年02月

これは重いテーマですが、正直に語ろうと思います。

私は子供のころから、良いと悪いをハッキリさせたがる癖がありました。
いまでも、それを引きずっているので、気をつけています。

大人になって学んだのは、世の中には「良い・悪い」だけでなくて、「自分に合っている・合っていない」という判断基準があるということです。 

恋愛を経験された方、ご結婚された方は、この判断基準がよく理解できると思います。

 
一般的に、子供のころは「異性とのおつきあい」自体にあこがれているところがあって、

また、異性をアクセサリーとしてみなすことがあるので、自分の評価よりも、世間の評価を大切にする傾向があります。


美人な子、かわいい子、かっこいい子 が好まれ、そうでない子は、どうしてあんな子と。。。と不思議がられるのです。

しかし、恋愛を通して、徐々に学びながら、自分に合うひとと一緒にいることが楽しいと思うようになります。

世間的な評価とは違って、自分の中に判断基準を持てるようになるのです。

美女と野獣が結婚するのは、そうした判断基準を美女が獲得できたからです。



僕と松本医院の関係でいうと、自分に合っていなかったとなります。


松本医院の利用を僕なりに分析すると、3つの治療がありました。
①治るという強い精神的な支え
②漢方
③抗生物質


①治るという強い精神的な支え
========================================
僕は、松本医院と出会い、松本医院のホームページをよく読んで、先生と出会って、本当によかったと思います。

治せない病気と決めつけていた僕に治す方法があるのだと信じ込ませてくれたのは松本医院です。

この病院がなければ、これまで希望をもって戦うことができなかったです。

CRPは慢性的に3.0を超えていたのに、自力で0.8まで下がることができたのは、松本医院の先生から教えてもらった、病気を戦う気持ちがあったからです。

この感謝はいまでも忘れてはいません。


②漢方
========================================
漢方は飲むのは苦しかったですが、のみはじめた直後はCRPが0.4まで下がったことを忘れてはいません。
その後、CRPは上がってしまったのですが、漢方は続けたかったです。


③抗生物質
========================================
当時の僕にとって、受け入れられなかったのは、抗生物質の利用です。

ウェブで検索して病気について学んでいくうちに、腸内細菌を正常化させるが大切だと気づきました。

腸内細菌を正常化とは、つまり、必要な腸内細菌を育むという考え方です。

そのため、せっかく育んだ腸内細菌を殺すことになる(かもしれない)抗生物質を服用することは、受け入れがたいことでした。

※ しかし、順天堂大学では抗生物質と便糞移植を併用した新しい治療法にとり組んでいます。欧米諸国では効果が認められており、70%の人が寛解しているそうです。
潰瘍性大腸炎に対しての抗生剤療法と糞便移植療法の臨床研究について

【方法】この治療は腸内細菌のうち、粘膜に付着し病気を引き起こしていたり、または増悪する原因と疑われるFusobacterium variumという細菌を除菌することを目的に確立されてきた治療です。基本的には抗菌剤3種類(サワシリン、アクロマイシンVまたはホスミシン、フラジール)の抗生剤を2週間内服する治療です。

【成績】この治療法はすでに欧米諸国では通常医療として行われており、その有効性は多数報告されています。C.difficile菌感染腸炎(抗生剤長期投与によって生じる難治性腸炎)についてはほぼ100%、炎症性腸疾患については約70%の患者の方が寛解(病気が落ち着くこと)し、そのほかの病気(自己免疫疾患、糖尿病、肥満など)にも応用され始めております。ただし、新しい治療には全て当てはまることですが、長期間の治療効果については結果が待たれているところです。薬物医療ではないため、薬剤性の副作用はありません。下痢、腹痛などの副作用も少数報告されておりますが、重篤な有害事象の報告はありません。


ですので、抗生物質を使って特定の腸内細菌を駆除する方法は有効性が確認されていて、抗生物質のすべてが悪いわけではありません。

なかには有益な抗生物質があるのです。


あくまで、当時の僕が抗生物質の利用を受け入れられなかったということです。

Fusobacterium variumは、フソクバクテリウム・バリウムと日本語では表記します。フソクバクテリウム属のバリウムということらしいです。
 
また、すべての人が寛解しなかったことで、原因菌はFusobacterium varium以外にも存在すると考えられているようです。

いま僕が歯周病菌対策をしているのは、昔は、今よりも歯周病が進み、歯茎が腫れていたことを原因のひとつと考えているからです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年12月からブログを書き始めました。
これまで、いろんな情報に触れて、その都度、自分のやり方を変えてきましたが、いま現在は下記の方法に変わっています。

大きく分けると次の4つの方針があります。
① 腸内細菌を育てる
② 制御性T細胞(T-reg)細胞を育てる
③ 毒性を持っている腸内細菌を"できるかぎり"育てない
④ 毒性を持っている歯周病菌をゼロにする。


① 腸内細菌を育てる
========================================
炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病・単純性潰瘍)の主な原因は、この腸内細菌の不足(多様性の不足、量の不足)にあると思っています。

・炎症性腸疾患に効果のあるブレーベ菌を含むミルミルを飲んでいます。
・水溶性食物繊維を含む大麦を食べています。
・短鎖脂肪酸の酪酸を産生するミヤリサンを服用しています。
・コンビニ弁当は食べない。

② 制御性T細胞(T-reg)細胞を育てる
========================================
自己免疫疾患は過剰な免疫反応(アレルギー)が原因です。制御性T細胞は過剰な反応を抑えることができます。
・制御性T細胞を育てると思われるスルフォラファン(商品名 ブロッコリースプラウト)を毎日半分食べる。
・葉酸が不足すると制御性T細胞の育成に悪影響があるため、葉酸のサプリを服用する。


③ 毒性を持っている腸内細菌を"できるかぎり"育てない
========================================
・糖質の摂取量をコントロールしています。
 糖質制限をしすぎると低血糖という病気を招いてしまいますので、甘いお菓子を食べない、白米の量を減らすなど軽く制限しています。
・世の中の本には、砂糖が悪い、白米が悪いと、糖質を敵視するものがありますが、私は、水溶性食物の豊富な大麦を食べていますし、お菓子であっても、社会生活を円滑にするために敵視はしていません。
・いままで野放図だったのを、きちんとチェックする、管理するくらいです。


 ④ 毒性を持っている歯周病菌をゼロにする。
========================================
成人の8割のひとは歯周病に罹っていると言われていますが、ほとんどの人は無自覚だと思います。
私もそうでした。しかし、歯周病菌のジンジバリス菌は毒を持っており、患部から血管内に侵入し、全身疾患を招くことが分かっています。
このことを知ってから、歯周病菌をゼロにするために次のことをしています。

・食後はキシリトール100%のガムを噛む(キシリトール100%でないと意味がありません)
・フロスをする
・歯を丁寧に磨くが、磨きすぎないように研磨剤の利用を控える
・歯周病菌のジンジバリス菌対策で、L8020のタブレットを食べる。
・夜寝る前に、抹茶うがい(緑茶うがい)をする。
・3DS除菌(Dental Drug Delivery System)を実施して、歯周病菌を殺菌する 。

以上です。 
このエントリーをはてなブックマークに追加


komugiyametaさんに教えていただいた「ネルネル」を試してみました。

想像してたよりは問題はありませんでした。

口呼吸から鼻呼吸へ切り替えるためには、鼻を使って鼻呼吸に慣れる必要があると思います。

続けてみようと思います。






このエントリーをはてなブックマークに追加

通常は、歯磨き粉を使っていません。

①歯茎に優しい歯ブラシ
②ワックスがついていないフロス
③気になったところのためのタフトブラシ

で歯を磨いています。




昔は、研磨剤入りの歯磨き粉を使っていましたが、

歯や歯茎を磨きすぎによって、歯を削りすぎてしまったり、歯茎を痛めてしまうことがあるようで、

歯の保全には良くないことを知りました。

歯磨き粉は使わないように、そして歯ブラシは柔らかいものを使うようにしています。


↓これは、磨きすぎるな!フロスを使え!という本です。本を売るためのインパクトの強いタイトルになっていますね。






しかし、昨日、自分の歯をよく見てみたところ、歯石なのか、バイオフィルムなのか、薄い板のようなものが歯にくっついていました。

つまりは、恥ずかしながら、ちゃんと歯が磨けていなかったようです。

そこで、たまにしか使わない研磨剤入りのコンクールを使って、電動歯ブラシで歯を磨きました。




びっくりするほどキレイに!

でも、電動歯ブラシでは、歯並びが悪い箇所が磨けていなかったので、細かいところが得意なタフトブラシに切り替えて、残っている汚れを集中的に磨きました。




そしたら、95点を取れるほどキレイになりました。

すこし汚れが残った部分がありましたが、このジェルは週に1回程度しか利用してはいけないため、この汚れは次回に残しておきます。

でも、かなりキレイになったので、良かったです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

薬の飲み忘れを防ぐために毎日袋に入れています。

このやり方に変えて飲み忘れはなくなりました。

(大きすぎる袋。そのとき、これしかなかった) 





薬を飲み忘れる人は、お年寄りくらいだ!と失礼なことを思っていましたが、

5年ほど前から毎日、自分が薬を服用するようになって、

こんなに飲み忘れるものなんだと気づかされました。


ワーファリンなら飲み忘れてもいいや!と気軽に飲み忘れていましたが、

メサラジン系の薬を服用するようになって、

飲み忘れて、薬の効き目が悪い⇒ 増量となることが怖くて、

毎日、しっかりと服用しています。


こんな簡単な袋でも、守れるものですね。




このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ