2016年05月

五年もこの病気とつきあっていると、

「炎症の強さ」と「痛み」の因果関係分かってきました。

これくらいの痛みなら2だとか。

うれしいことに腹部の痛みは日々軽くなっています。



このままのペースなら近いうちに、

お寿司

が食べられそうです。

いまはまだ、お米はお粥で食べています。

もうすこし、もうすこし。

楽しみだなー。
このエントリーをはてなブックマークに追加

僕もそうだと思いますが、

多くの人が幼少期の体験に考え方や行動が縛られています。



あの桝添都知事でさえ、

幼少期の貧しさから、

お金にこだわる性格になってしまいました。


彼がもし貧しい家庭に生まれなければ、

こうしたセコい行動はとらなかったと思います。


3.11で物流が止まったとき、食料を買い占めたのは、

幼少期に戦争で飢えた体験をもつお年寄りでした。


満たされて育つと、それがあまり大切なこととは認識できずに大切にしないという鈍感なこともありますが、

幼少期に経験した満たされず苦しい想いが、どんなにいま満たされるようになったとしても、抜けきれずに残っているようです。

いまだに人生に大きな影響を与えていることを自覚できれば自分の気持ちをクリアにできると思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「波長の法則」によると、同じような波長をまとっている人同士が、互いに磁石のように引き合うそうです。


この法則をうまく使えないかなーと思っています。
 
でも、よくよく考えてみると、

これは相手を見て自分を顧みることはできても、

近づきたい相手をコントロールできないな

と思っていたんです。



でも、年頃の子が、

好きな男性、女性に

近づくときには、

その対象が興味あることに取り組むことに気づきました。


音楽やマンガ、本、好きなタレント。。。

なんでもいいのですが、

相手が好きなことを知っていると、それだけで仲良くなったりしますよね。

相手から仲間だと思われて、相手から近づいてきてくれることも。



「波長」というのは感じることはできないし、分かりづらいけど、

「思考」というのは意外と本人が発しているので、知ることができます。

そして、真似るのも、簡単で、実行しやすい。



自分がなりたい人 、あこがれの人が、

いつも何を考えて、どんなことを発言して、どう行動しているのか

調べたり、推測したりして、認識し、

それを真似ていくと、結局は波長が似ていき、お近づきになれるかもしれない。


と思いました。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

4月28日にお腹を傷めてから、タマネギのスープを飲んでいます。

タマネギのスープは、この病気になったときには良く飲んでいました。

何年も飲んでいませんでしたが、

もう一度、飲んでみることにしました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この世は「波長の法則」に支配されています。

で、よく波長の法則があることを前提に、

お金がなくても、お金持ちのような気持ちで生活しなさい

という人がいます。



それまで、お金持ちのフリをして生きていけば良いのかなぁ。なんて理解していましたが、

お金持ちのフリではだめなことに気づきました。



「波長の法則」は、同じような波長の人同士が引き合うということを指しています。


つまり、お金持ちの人がもつ波長と同じ波長をまとえば、あなたの周りのにお金持ちが近づいていくことになります。

しかし、お金持ちの波長1つではありません。 

僕の中のお金持ちのイメージは、ソフトバンクの孫社長や、UNIQLOの柳井さん。

彼らのイメージは、お金は単なる記号や道具としか見ていなくて、もっと大きな事業をやりたいと狙っているのではないかと思うのです。

お金がないときは、お金を気にしてしまいますよね。

今月は、あと、1000円しかないわーなんて。

でも、お金持ちはもはや値段は気にしないのです。

お金のために働いているのでもないです。


お金は単なる道具であって、世界中を驚かせたい、もっと会社を大きくしたい、世の中を動かしたいと思っているのではないかと思います。

もっと、もっと、もっと、大きく 

がお金持ちが感じているイメージではないかな。


でも、お金持ちの波長は一つだけではないから、違うお金持ちのイメージもあると思います。
 


お金持ちのフリをするという波長の人は、お金持ちのフリをしている人と引き合うことになるので、
お金持ちは近づいてこないかも。



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ