2016年02月

2月前半に買ったズボンが入らなくなりました。

病気になる前は丸々と太っていて165cmで74kgありました。

病気になってから、胃痛で食べられなくなったり、たぶん消化が悪くなって、痩せていきました。

一番少ない時で49kgです。

良くないことに運動を抑制したため、筋肉も落ち、痩せてても脂肪のかたまりのような体型になってます。

その状態ですこしでも体調が良くなると、

食欲を抑えきれずに食べ過ぎてしまい、

一気にお腹周りが成長してしまいます。

体調が良くなると急に太ってしまうのです。


このまま体調が良くなるのなら運動すれば良いのですが、

きまって

この後は体調が悪化します。


これを繰り返しているので、

いまは、食欲コントロールを、頑張ってます。

今日は一駅歩きました。


週間になれば効果がでると思うので、コツコツやってみようと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

金曜日は、腸の病院でした。

病院までのルートは、慣れない行き方を選んでしまったので、2度ほど間違えそうになりつつも、

間違えずに無事にたどり着きました。

もともと昨年の12月25日に入れていた予約を忘れてしまった上での再予約だったので、

今回は必ず病院へ行くように仕向けられているような、目に見えない力を感じました。

今日は病院で何かあると思っていたのです。

診察がはじまると、主治医から別の病院への異動を告げられました。

これだったかーと思いました。

僕の治療方法は一般的な方法ではなく、僕が勝手にやっていることですが、いまの病院や主治医は、そこを理解してくれています。

その理解者の一人がいなくなるのは、僕にとっては大きなマイナスです。

新しい病院へ転院することを含めて検討しています。

転院すると
・いまの治療をそのまま続けられる
・内視鏡検査の検査結果やカルテが失われる
・入院時にいまの病院には行けない

転院しないと
・新しい先生が同じ治療方針をとってくれるとは限らない
・内視鏡検査の検査結果がそのまま使える
・入院時もいままでどおり

いま通っている病院は新しく綺麗で、穏やかな空気が流れ、僕にとっては居心地がよい場所です。

たまたまながら、良い病院と付き合えていることを感謝しています。

義父が別の病院に入院したときに病室に入ることができたのですが、まったく違いました。

病院の雰囲気はとても気になります。


翌日、主治医の転院先となる病院に行って、見れる範囲で見てきましたが、特に悪い感じはありませんでした。

その後にたまたま神田明神に行くことになり、どっちが良いか聞いてみたところ、明確な回答がなく、

自分で決めろと言われているようでした。


さて、どうしようかな。

(無自覚なシャーマンだと僕が思ってる)妻の第六感によると、転院しないほうが良いとのこと。

転院しないで様子をみて、次の主治医と意見が合わなければ転院かな〜。

うーむ。





このエントリーをはてなブックマークに追加

三年連続で島根県の出雲大社に参拝しています。


病気になってから、神社に参拝するたびに病気の回復を祈願してましたが、

今回はじめて病気についてなにも触れることなくお参りできました。

これは、狙ってではなく、お参りが終わって、

「あ、病気についてお話しするのを忘れてた...」といった感じで、

とても良い傾向です。


幸いなことに、日が経つにつれ体調の回復を実感できています。

このまま、この状態が続いてくれれば良いのですが、まだ油断大敵です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ