2015年09月



宮崎県に行ってきました。

宮崎県は天皇陛下の先祖である神武天皇が東征をはじめた出発点であり、天皇陛下からみれば、先祖の故郷になります。

いくつかのスピリチャルスポットを回りましたが、スピリチャルスポットとは名ばかりのスピリチャルダウンスポットもありました。

僕には霊的なパワーはないので、あくまで、一般的な見方での判断です。

巫女さんたちも単なる職場として関わっているだけのように表情は暗い。

ここにいるだけで、気持ちが沈んでいくかのようでした。

実はこれまでも、こうした残念スポットを訪れたことがあります。

そのときも思ったのですが、やはり、スピリチャルスポットは人が作っているということ。


東京ディズニーランドでは、神さまは祀られていなくても、行けば楽しい気持ちになりますし、素晴らしいスピリチャルスポットだと思います。

私が今回の泊まった宿は、田舎にありましたが、働いている方がとても楽しい雰囲気を作ってくれ、ここもスピリチャルスポットだと思いました。

こうして考えると、僕は自宅や職場をスピリチャルスポットだと思えるような関わりができているのだろうかと反省しました。

これまで、スピリチャルスポットへ行く理由は、パワーもらうためだけでしたが、自分もスピリチャルスポットを創る側になれることを学べた旅行でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

女優の川島なお美さんが胆管癌で死去されました。

直接お会いしたことはありませんが、心の強さを感じさせる女性でした。
2週間ほど前にメディアに登場されたときにも、川島なお美さんらしさを感じさせてくれました。

報道によると彼女は、抗がん剤による治療を断っていたとのこと。

女優としての人生を選んだとき、彼女には髪の毛が抜け落ちる抗がん剤は受け入れられなかったのかも知れません。

また、北斗晶さんも乳がんの摘出手術を行われ、抗がん剤による治療を選択されているとのこと。
北斗さんにはまだお子さんも小さいですし、なんとしても生き延びたいという強さを感じます。

「抗がん剤」を使うか使わないかの判断は、正しい・正しくないではなく、「生き方」そのもの。


私たちは学校で「正しい答えがある」と習ってきていて、いつも、どこかでその影響がでてしまいますが、人生には「正しいかどうか」では判断できないものがありますね。


僕は、医師からステロイドを薦められても断りました。これも「生き方」。正しい・正しくないの判断では決められないことだと感じています。


僕は自分の体をつかって、ひとつひとつ確かめつつ、生きてきました。
ステロイドを断ったあとに何度も入院しては、同僚にも迷惑をかけては、取りかかっていた大事な仕事からも遠ざかっています。

同じ病気のひとでも、元気に走っているひともいますし、体格の良い人もいます。
僕は、走ることもできないし、結果として痩せてしまったけど、自分の生き方の結果ですから、後悔はしていません。

ムキムキになりたいと思っていますけどね!

でも、その目的をかなえたいと思っても、あせらず、静かに、ひとつひとつ乗り越えて行きたいと思っています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

景気が変わって、ひとびとの気持ちにも変化が訪れているようです。

デフレのころは「ムキムキ」な筋肉質の男性は一部の女性を除いて、受け入れられていなかったのですが、最近のテレビをみると「ムキムキ」な男性がよく登場するようになりました。

徐々に女性に受け入れられているような印象があります。

デフレの時期は、とりあえず「節約」「省エネ」が大事だと考えられていますから、「節約」に反する行動は否定的な意見が多かったと思います。また「目立つ」行為もNGでした。


ゴリラ体型の男性よりも細マッチョ、燃費の悪い大型車よりも燃費のよい小型車、口紅の色は薄く、肌の色は美白など。

しかし、景気がよくなって、デフレからインフレに向かっていく中で、株価もよくなりお金を持った人々が増えていくと、ひとびとの気持ちに変化を与えているようです。

これからは、
「地味」より「派手」
「節約」より「豪快」
「細マッチョ」より「ゴリラ体型のムキムキ男」
「草食系男子」より「ガツガツした男」
「口紅の色」は目立ち映える赤色
「色白」より「健康美の日焼け」
「スカート」が短く
「女性は体型を露出した服」を着ている方が多くなりました

気がつけば、知らないうちに、どんどん世の中が変わってきています。

面白いですよね。

景気で僕たちの心理状態が左右されるなんて。


デザインの世界でも、これまでは角丸や立体的な丸みを帯びたデザインでしたが、
これからは尖ったものがでてくるかもしれないですね。ファッションは、淡い色よりも、主張の強い単色で派手なものがでてくるかもしれません。

景気で心理状態が左右されている姿が、面白くて、さらっと書いてみましたが、より深く考察している方がいるかも。


ラクビーのW杯で日本代表のゴリラ体型の力強い男どもの活躍もあって、一気にオセロがひっくり返りそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

いま、腹痛は小康状態になっています。

春は痛みがあり入院直前までいったり、
夏は暑さにやられたり、と、いろいろありました。

この安定の原因かどうかは分かりませんが、1が月前から食洗機で「洗剤」を使うのを止めました。

実は以前から気にはなっていました。検索しても情報は見つからなかったため気にしすぎと判断していたのですが、思い切って止めています。

油汚れの強い場合は洗剤を使って手で洗い、そうでない場合は水だけで手洗いして食洗機のお湯で洗っています。

食洗機で洗剤を使って洗ってたときは、出来上がりの食器がつやつやしていて綺麗すぎる妖しい光を放っていました。



また、キャラメルラテを飲むのを止めました。キャラメルラテは、体調には良くなかったようです。


こうしてひとつひとつを諦めては、寂しさと、病気について学べたワクワクを、半分ずつ感じています。

また、以前は同じ闘病中の方のブログを欠かさず読んでましたが、いまはいい感じて、力が抜けています。

なんでもかんでも詰め込んでいた時期から、すこしずつ離れられるようになり、日常が近づいてきているような印象があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

セージで浄化した翌日に気に入りの洗面台を見つけて、わくわくしていたところ、その翌日に、洗面台の陶器が派手に割れて使えなくなってしまいました。

つまり、セージを炊いて二日後。

これまで、補修しながらだましだまし使っていたのですが、最後はあっけない壊れ方。

大きな三角形の穴が開いてしまって、もはや復旧は難しい状態です。

これまでも何度かリフォーム商品の置いてあるお店を訪問していましたが、自分たちの気に入る商品と出会えませんでした。

今回のあっさり見つけることができて、購入することを決め、あとは設備の違いでTOTOかINAXかで悩んでいたところの出来事。

古くから僕たちと共にした洗面台が、僕らのこころを読み取ったかのような抜群なタイミングでしたので、驚きました。

洗面台くん、これまでありがとう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ