2013年12月

読者のみなさん、こんにちは。紫陽(むらさき・よう)です。

紫陽は、紫陽花(あじさい)の花から取りました。
紫陽花が好きなんですw

僕は、このブログを立ち上げたときに決心しました。
病気が治ったら、自分の体験を本にして、(残念ながら)これから同じ病気になる未来の患者へ情報を届けることを。

本といっても、誰でも出版が可能なキンドルによる電子出版を考えています。
キンドルは、iphoneでもAndroidでも閲覧することができますので、誰でもすぐに読むことができます。
(キンドルの専用端末は必要ありません。)

値段は信頼性のありそうな680円にしようかなぁと迷っていましたが、twitterで同じ炎症性腸疾患に悩んでいる方に若い人もいることを知り、手にしやすい100円程度(1ドル)にする予定です。

永遠の0 (講談社文庫)
百田 尚樹
講談社
2009-07-15



永遠のゼロを書いた百田 尚樹さんによると、書きやすい部分の原稿を書きためていって、あとでつなげると本が書きやすくなると言ってましたので、それに習って書いていきます。

そのため、ブログではエピソードがとびとびになってしまうかもしれません。

----

僕はずっと、免疫は強ければ強いほどいいと思っていました。
しかし、WBC(白血球数)の数値を見ているうちに、それは間違いであることに気づきました。

『免疫をあげれば病気が治る』という仮説があります。
一部に同意できる点はありますが、それは免疫の力が適正値の下限に近い場合の話です。

免疫の力が、適正値の上限まで上がっている患者にとって、それ以上に免疫の力を伸ばそうとするのは、それは免疫のリミッターをはずすのと同じ事を意味する危険な行為だと思います。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は年内の最終出社です。

2013年1月に有給が加算され、有給は43日間になりました。

「こんなにあると使い切れないなー」と思っていましたが、まさか1年で使っちゃうとはw

利用した日数は42日間。残りは1日。
今日も出社できますので、欠勤だけは免れました。

以前、同僚から「私は有給を計画的に使います」と言われたので、冗談も含めて、
「病気になる可能性もあるんだから、有給は残しておく方がいいよ!」
と発言したこともあるのですが、

まさかのブーメランです。ありがとうございました。

この1年間、さまざまな病気を経験しました。

・炎症性腸疾患(単純性潰瘍)
・原因不明な喉の痛み(1月ごろ)
・頸椎石灰化(4月ごろ)
・脳静脈洞血栓症で入院(7月ごろ)
・下血で救急車と入院(10月ごろ)

このなかで正直、苦しかったのは、、、続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

クリスマスの奇跡!

考え抜いて、調べ抜いて、構築してきた理論が(僕には)正しかったことが証明されました!!

ステロイドも、免疫抑制剤も使ってません!!

画像1


画像1


前回の血液検査で白血球数が減少していたので、CRPも時間差で下がるはずと予測していました。

でも、これは予想外の数値でした。

これで、完治の見込みがたちました。

いざ! ラストスパート!
このエントリーをはてなブックマークに追加

タマネギを圧力鍋に入れる
水は200ml
画像1


圧力鍋で三分間

柔らかくなったらミキサーでドロドロに
圧力鍋に入れた水も一緒に。
画像3


できたてホヤホヤをコップで飲む

残りは、製氷皿で入れて冷凍。

これで水に溶けやすいケルセチンを逃さずに摂取。

このエントリーをはてなブックマークに追加

読者のみなさん、こんにちは。紫陽(むらさき・よう)です。

紫陽は、紫陽花(あじさい)の花から取りました。
紫陽花が好きなんですw

僕は、このブログを立ち上げたときに決心しました。
病気が治ったら、自分の体験を本にして、(残念ながら)これから同じ病気になる未来の患者へ情報を届けることを。

本といっても、誰でも出版が可能なキンドルによる電子出版を考えています。
キンドルは、iphoneでもAndroidでも閲覧することができますので、誰でもすぐに読むことができます。
(キンドルの専用端末は必要ありません。)

値段は信頼性のありそうな680円にしようかなぁと迷っていましたが、twitterで同じ炎症性腸疾患に悩んでいる方に若い人もいることを知り、手にしやすい100円程度(1ドル)にする予定です。

永遠の0 (講談社文庫)
百田 尚樹
講談社
2009-07-15



永遠のゼロを書いた百田 尚樹さんによると、書きやすい部分の原稿を書きためていって、あとでつなげると本が書きやすくなると言ってましたので、それに習って書いていきます。

そのため、ブログではエピソードがとびとびになってしまうかもしれません。

----

私は民間医療のことを以下のものとしてとらえています。

1) それがなぜ効き目があるのか科学技術的に解明されていない
2)効き目のあることと、効き目のないことが混ざってしまう
3)効き目のないことが混ざっているため、おおざっぱ
4)効き目のないことが混ざっているため、人によっては効き目がない!と判断されてしまう続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ