2013年03月

痛みに耐えて

かんばったぞ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

とうとう3月末になりました。

退院したのが2012/12/12だったと思うので、もう3ヶ月経ったことになります。

西式甲田療法と漢方により治療が始まり、
自分でも心配になるほど、痩せすぎになり、
西式甲田療法から一歩引いて、途中、砂糖の入った食品を食べて体重増加を図ってましたが、

気がつくと、
・単純性潰瘍のある回盲部の痛みはあまり感じなくなり、
・胃は痛い
・左下の腸が痛むようになり
・右目奥で頭痛がする
状態になりました。

この右目奥の頭痛がひどく、いまもPCを右目をつぶって書いているような状態です。

とりあえず、リセットしたいと考えて、漢方を昨日の夜から飲むのを止めています。


日常生活を送るという視点においては、冷静に過去3ヶ月を振り返ると、体調は悪化しているという結果ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

3月中旬から、右目奥で頭痛を感じてました。

ちょうど、花粉が飛び始める時期と重なり、花粉症のひとつ、と考えてました。

でも、どうやら違うようです。
ここ数日は、頭痛が酷くなりました。

3/26から、漢方か変わりました。
いままでの当帰湯に、ゴジュユが加わりました。

ゴジュユは、熱性があり、体を温める力の強いものです。
当帰湯も、体を温める力があります。

問題は冷え。とし、漢方でからだを温めていたのですが、ここ数日、胃の痛みと頭痛でダウン。

胃は、何も食べなければ、痛みは引いて行きますが、頭痛は収まってくれない。

3/25の診察で頭痛を先生に訴えましたが、その回答がゴジュユだったんですが、残念ながら、いまは頭痛で横になったままです。

なぜか、目を閉じると痛みが緩和します。

で、漢方を一週間飲むのをやめてみることにしました。

貨幣状湿疹も継続していて、問題は血液にあると考えてますが、
うまくいかない感じですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ数日、帰宅時にパンを買って帰るのが楽しみになってました。

数日といっても、三回くらい。

で、パンは大丈夫なんじゃないかと思い、朝にパンを二個買って、電車で、もぐもぐ。

楽しかった。
食べられるよろこび!


しかし、12時くらいから猛烈な腹痛。

大事な仕事がなかったら、退社していたところ。

もう一つ、大事な仕事があるので、会社の休憩室で、寝てます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

3/9に鍼の先生に、「胃カメラで問題なかったんでしょ。胃を鍛えるつもりで、食べてみたらどうか?」といわれて、この2週間がんばって食べてましたが、やっぱりだめでした。

3/19に食べたハンバーグで、痛み倍増。翌日の3/20もほとんど食べられず、といった状態でした。

昨日(3/21)は、「レタスのお粥」と「ゆでたレタスをオイスターソースで絡めたもの」を食べましたが、これがお腹にやさしいw

おにぎり程度なら、食べられるんだけど、まだお肉はだめみたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ